JAL、整理解雇は170人 一部組合、提訴の構え

印刷

   会社更生手続き中の日本航空(JAL)は2010年12月28日の定例会見で、雇用契約を打ち切る整理解雇の対象者が170人になったと発表した。同社は12月27日まで希望退職を募集していたが、人員削減目標に達しなかった。一部組合は解雇無効を訴えて提訴する予定で、11年以降、法廷闘争が長引く可能性もある。

「断腸の思い。一日も早い再生を」

定例会見に臨むJALの大西賢社長(左)と稲盛和夫会長(右)
定例会見に臨むJALの大西賢社長(左)と稲盛和夫会長(右)

   JALは10年12月8日、希望退職に応じない従業員を12月31日付けで整理解雇する方針を発表。202人に対して解雇を通知していた。同社がその後も希望退職を募ったところ、12月9日から27日にかけてパイロット約10人、客室乗務員(CA)約10人、休職者約10人が応募。その結果、パイロット約80人、CA約60人、休職者約30人を整理解雇することが決まった。

   会見に臨んだ大西賢社長は、

「当社のために汗水流して働いた社員だということもあり、人員規模の適正化のためとはいえ、ご本人やご家族に対して申し訳ないという気持ちでいっぱい。まさに断腸(の思い)、身が引きちぎられるような思い」

と述べた上で、

「血のにじむような思いで一日も早い再生を目指したい」

と強調した。

格安路線へのシフト改めて否定

   JALの整理解雇をめぐっては、整理解雇に反対して「日本航空キャビンクルーユニオン」(CCU)が12月24日と25日にストライキを構えていたが、直前の12月23日に回避。11年1月中旬にも、解雇無効を訴えるための集団訴訟を起こす方針だ。副操縦士らでつくる「日本航空乗員組合」(JFU)も同様の方針。

   大西社長は、法廷闘争の長期化の可能性については、

「十分想定できるが、今後どうなるかについては、現時点でお話できることはない」

と、具体的なコメントを避けた。前回11月30日の会見の際には、組合関係者がJAL本社前でビラ配りをしたり、共産党の機関紙「しんぶん赤旗」の記者が、会見でCCU側の主張に沿う形の質問をしたりするなどの活動が見られたが、今回の会見では空席が目立ち、予定時刻より15分も早く終了した。

   また、スカイマーク(東京都大田区)やスターフライヤー(北九州市)が国際線の定期路線に参入を表明したことについては、

「大きな流れとしては、我々の主たるターゲットとしている部分とは重なりがうすい。マーケットを見ていくことは重要で、適宜それを見ていきたい」

として、更生計画への影響を否定。LCCなどの格安路線へのシフトを改めて否定した形だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中