系列ホテルも飛行機と同じ商法 早めに予約で45%も安くなる 
(連載「LCC革命の衝撃」第3回)

印刷

   あらゆる点でコスト削減の工夫をこらしているLCC(格安航空会社)は、飛行機を飛ばすだけが仕事ではない。世界中の航空会社と同様に、系列のホテルも経営している。羽田からクアラルンプール行きのエア・アジアXの初便に乗った記者は、その足で「LCCホテル」に向かった。「搭乗記」の第3回は、飛行機と同様、その徹底したコスト削減ぶりを紹介する。

   記者が宿泊したのは、エア・アジア系列の「チューン・ホテルズ」。マレーシア国内に9か所、インドネシアに2か所、英国に1か所展開されている。その中で、クアラルンプール国際空港から徒歩10分程度にあるホテルに予約を入れた。予約はウェブサイトで行うのが原則だ。ウェブサイトによると、建物は5階建てで、ダブルルームが222部屋ある。

エアコンは別料金、24時間使用で540円

記者が宿泊したホテル。空港から徒歩で約10分だ。
記者が宿泊したホテル。空港から徒歩で約10分だ。

   部屋の種類をダブルルーム1種類に絞り込んで手間を少なくしたり、予約をウェブサイトで行うことで人件費を削減したりするやり方は、航空産業でのノウハウが生かされている。

   記者が自宅PCから予約を行ったのは、2010年の10月6日。旅行から2か月以上前だ。1泊あたりの価格は78リンギット(2100円)。なお、この時点から2週間後(10月下旬)の価格を見ると、1泊あたり118リンギット(3190円)という設定になっていた。

   早めに予約すると、45%も安くなる計算だ。「本当に必要なもの以外は、別料金」という点も、LCCと同様に徹底されている。もっとも、朝食が別料金(6リンギット、160円)なのは良くあることで、無線LAN(1日12リンギット、330円)が有料だというケースも、海外では珍しくない。だが、エアコン(24時間で20リンギット、540円)やバスタオル(5リンギット、130円)まで有料だという点には驚かされた。

   気温が年中28~30度に達するマレーシアでエアコンを使わないことは考えられない。やむを得ず、これらの有料サービスを申し込むことにした。その結果、2泊3日で、サービス料などを含むと総額は291.08リンギット(7860円)。必ずしも「激安」という印象を持つことはできなかった。 クレジットカードの決済に成功すると、航空機のチケットを予約するときと同様、予約内容が書かれたPDFが送られて来た。

カードキーもタオルも「レンタル」

ベッドが部屋のほとんどを占拠。荷物を置けるスペースは、あまりない
ベッドが部屋のほとんどを占拠。荷物を置けるスペースは、あまりない

   予約から2か月たった2010年12月10日昼、記者は空港のLCCターミナルにいた。空港のバス乗り場から続いている屋根付きの通路を約10分程度歩くと、予約の際に写真で見た建物が見えてきた。「空港から歩いて行ける」という点は、利用者にとって大きな利点だ。

   ロビーでは、7~8人のお客がチェックインを待っていた。ロビーには「満室です」の表記があり、稼働率は高い様子だ。お客の口から聞こえてくるのは中国語や英語がほとんどで、日本語が聞こえてくることはなかった、

   チェックインは、メールで送られて来た予約確認書をプリントアウトしたものを、係員に見せて行う。手続き自体はきわめてスムーズで、カードキー、無線LANのパスワードが書かれた紙、タオルと洗剤のセットを渡された。

   ここで、デポジット(預かり保証金)として、15リンギット(400円)を要求された。内訳は、カードキーが5リンギットで、タオルが10リンギット。タオルは、あくまで「レンタル」なのだ。

   このホテルのキャッチフレーズは、「1つ星の料金で、5つ星のベッドを」。エレベーターを出て、ホテルの廊下が視界に入った瞬間、やはり「1つ星」なのだということを実感させられた。構造は、ホテルというよりは日本の安アパートに近い。廊下は屋外に面しており、雨の日は、部屋からロビーにたどり着くまでに、ずぶ濡れになってしまいそうだ。

テレビも電話も冷蔵庫もない

   カードキーでドアを開けると、まず視界に入ったのはダブルベッドだ。逆に言うと、部屋の大半をベッドが占拠しており、荷物を床に広げると、文字通り足の踏み場がなくなってしまう。「ベッド以外は何も無い」と言って良い。部屋には折りたたみ形式の作業机、貴重品を入れるための金庫が備え付けられているものの、テレビも電話も冷蔵庫もない。通常のホテルでは、トイレと浴場が一体になっているが、このホテルにあるのはトイレとシャワールームのみ(お湯は出てきた)。コスト削減ぶりは、徹底している。

   だが、前出のキャッチフレーズのように、ベッド自体は快適だ。「1階にあるコンビニでビールを買って、ネットサーフィンをして寝る」という過ごし方をする限りでは、特に大きな問題はない。

   旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」には、320件以上の口コミが寄せられており、67%の利用者が、このホテルを推薦している。コメント欄には、

「空港から近い」
「トランジットにぴったり」
「ちょうどエア・アジアのようだ。ローコストだが、がまんできる」

といった、アクセスの良さを評価する声が多い。記者も、同様の感想を持った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中