ロンドンからフランクフルト780円 欧米でアジアで、進化するLCC 
(連載「LCC革命の衝撃」第4回)

印刷

   LCC(格安航空会社)が人気を集めている。徹底した効率化に加えて、駐機料の安い郊外の空港を使うといった独自の工夫で、大手航空会社と対抗する。欧米や東南アジア、豪州で、LCCの現状はどうなのか、探った。

37年連続黒字を続けるサウスウエスト航空

米サウスウエスト航空は現代のLCCのモデル
米サウスウエスト航空は現代のLCCのモデル (c)Southwest Airlines

   航空産業の歴史の中で「格安」をうたった航空会社は複数存在したようだが、経営的に成功を収めた現代のLCCのモデルといえるのが、米国のサウスウエスト航空(SWA)だろう。テキサス州に本拠を構え1980年代以降、米国内に航路を拡大した。全席自由席で機内サービスは簡素、その代わりに運賃を低く抑えた。広大な国土をもつ米国だけに、出張の多いビジネスマンなど頻繁に航空機を利用する人にとっては、豪華なサービスより低価格の方がありがたい。SWAは、そこにビジネスチャンスを見いだした。

   後続のLCCが参考にした点は、まだある。使用機を「ボーイング737型」に統一したことだ。整備士は1種類の機体の構造だけを覚えればよく、業務の効率化につながる。さらに、空港使用料を安く抑えるため発着数の少ない郊外の空港を選んだ。いまでは主要空港にも飛ばしているが、2010年11月7日時点での1日あたりのSWA離陸数トップ10を空港別に算出したデータを見ると、シカゴ・ミッドウェー空港やボルチモア・ワシントン空港、ヒューストン・ホビー空港など各都市の2、3番手の空港がランク入りしている。乗客にとっては多少不便になるが、それでも運賃が大幅に安くなるならと選ぶケースが多いようだ。

   大手航空会社から見れば型破りとも思える戦略は、利用者の支持を得た。今日では米国内37州72都市に就航。大手航空会社が、経営不振で連邦破産法11条の適用による事実上の倒産や、ライバル企業による買収などにさらされるなか、SWAは創業以来37年連続黒字。2009年度も純利益9900万ドル(約81億2000万円)と、経営は抜群の安定感を誇っている。

多少割高でも便利さを取る客の取り込み狙う

   SWAの成功や航空自由化に背中を押され、欧州でも90年代以降LCCが成長する。代表的なのがアイルランドのライアンエアーだ。SWAと同じ戦略で、郊外の空港に就航。予約はインターネット経由で受け付け、合理化の徹底で驚くほどの低価格を実現した。

   同社ウェブサイトを見ると、例えばロンドン・スタンステッド空港からノルウェーのオスロやドイツのフランクフルトなどは最低料金で6ポンド(約780円)。機内食や荷物の預け入れなど、付加的なサービスは有料だが、「乗るだけ」と割り切ればこれほど安い料金で外国に行ける手段はないだろう。

   「価格破壊」だけでなく、「立ち乗り席の設置を検討する」と発表したり、女性客室乗務員の水着カレンダーを販売したりと、マイケル・オレアリーCEO(最高経営責任者)が次々と話題を提供している点でも注目されている。

   これに対して英イージージェットは、ライアンエアーとは一線を画してあえて都市部の主要空港に就航。多少割高でも便利さを優先する顧客の取り込みを狙う。発着空港が大手航空会社と同じであれば、利用者にとっては純粋に選択肢が増えることになるうえ、料金も安いとなれば使いやすい。パリ在住のデマートス志乃さんは、夫の出身地であるポルトガル・リスボンにしばしばイージージェットで行く。2010年春、アイスランドの火山が噴火して欧州の便に欠航が相次いだ。ちょうど予約を入れていたデマートスさんは「正直、LCCが災害時にきちんと対応してくれるか不安だった」そうだが、払い戻しや旅程の延期方法などがウェブ上に記載され、対応も問題なかったという。

   ドイツのエアベルリンのように、「激安」を売りにする代わりに機内食の提供や座席の指定といった従来の航空会社と同じサービスを行う、やや「デラックス」なタイプのLCCも登場。「多少はサービスしてほしい」というニーズにこたえる。各社とも「SWAモデル」をベースにしながらも単純な「激安戦争」を避け、顧客の求めに沿って他社と差別化できる特色を出すようになってきており、LCCも進化してきた。

   アジアでも続々と誕生。マレーシアに拠点を置くエア・アジアやインドネシアのライオン・エアーといった「独立系」航空会社や、豪州ジェットスター航空や韓国のエアプサン、タイのノックエアといった、既存の大手航空会社の子会社として設立されたLCCも多い。

   そしてその波は、日本にも押し寄せている。2007年にジェットスターが関西空港に就航した後、エアプサン、フィリピンのセブ・パシフィック航空などが日本に乗り入れた。2010年には中国の春秋航空が、新たに開港した茨城空港に「上海-茨城往復4000円」という破格の料金で参戦。12月にはエアアジアXが、新装オープンの羽田空港に定期便を就航させた。相次ぐ「黒船来航」に、国内航空会社にもLCC設立の動きが出てきた。日本の航空業界は変わるのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中