クロマグロ過去最高値で落札 「香港の寿司王」は意外な苦労人

印刷

   築地市場の初競りで、北海道戸井産のクロマグロが3249万円で落札された。1本あたりの価格では、築地市場に記録が残る1999年以降の最高値。東京・銀座の老舗高級すし店「銀座 久兵衛」と、香港のすしチェーン「板前寿司」が共同購入した。

   「板前寿司」は4年連続の最高値での落札。2011年1月6日には東京・赤坂店で本マグロの解体ショーが開かれ、ランチタイムから「最高値」マグロが振舞われた。

初競り最高値「大トロ」1貫1300円

築地市場での初競りは3249万円の「最高値」だった(写真はイメージ)
築地市場での初競りは3249万円の「最高値」だった(写真はイメージ)

   近海もののクロマグロはここ数年、中国や台湾などでも人気が高まり、日本のすし店とのあいだで落札競争が激しくなっている。これに世界的な漁獲規制が加わり、価格が上昇している。

   築地市場の初競りには国内外から約500本のマグロが競りにかけられたが、たとえば地中海産は卸値で最近1年で5割程度も上昇しているとされる。

   高級マグロといえば青森県大間産が有名だが、2011年は北海道戸井産だった。戸井産のマグロが最高値をつけたのは初めて。2010年の初競りでつけた最高値1628万円の約2倍超、これまでの最高値だった01年の2020万円をもあっさり上回った。

   落札した「板前寿司」の代表、リッキー・チェンさんは「日本のマグロはレベルが高い。思った以上に高値になったが、競り落とせてうれしい」と語った。

   「板前寿司」では、「初競り最高値まぐろ落札御礼」記念として、「初競り大トロ」が1貫1300円、中トロ900円、赤身500円、鉄火巻1本1000円で食べられる。「本マグロにぎりセット」(大トロ1貫、中トロ3貫、赤身1貫、鉄火巻、サラダ・お椀付き)は5000円だ。 折半分の171キロから約8000貫がとれるそうで、板前寿司ジャパンは「1年中あるものではないので、お目当てに来店する方も多いです」と話す。

高級住宅地に家族と住み、ロールスロイスを所有

   4年連続で、クロマグロを最高値で落札したリッキー・チェンさんとは、いったいどんな人なのだろう。

   チェンさんは香港や中国、マレーシア、日本などに30か店以上を展開する「香港の寿司王」と呼ばれている。子どもの頃に食べたすしの味が忘れられず、若いときに東京・新宿の寿司店で修行を積んで、2004年に香港に「板前寿司」の1号店をオープン。3年で5店を構えるようになった。

   香港や台湾では日本食がブームだが、なかでも美食の香港人に人気なのが寿司。「板前寿司」はカウンター席で板前が握る寿司がリーズナブルな価格で味わえると評判になった。  07年には日本に「上陸」し、東京・赤坂に1号店を出店。その翌年1月の初競りで、日本人を凌いで最高級のクロマグロを競り落とし、「板前寿司」の知名度アップに成功した。

   すしチェーンを開業する前には、香港で日本風クレープ店を開いたり、ラーメン店を展開したりして、日本の食文化を広めながら開業資金を貯えた苦労人でもある。いまでは香港の高級住宅街に家族6人で住み、2000万円の運転手付きのBMWに乗り、6000万円のロールスロイスをもつそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中