2010年FX売買トップは豪ドル 前年比92.6%増で米ドル抜く

印刷

   外国為替証拠金(FX)取引で、オーストラリア(豪)ドルが人気だ。2010年の東京金融取引所のFX取引「くりっく365」の売買(取引数量)は、1億993万5079枚(1枚は1万通貨単位)に達したが、このうち、「豪ドル・円」の組み合わせ(通貨ペア)は3427万2436枚で、前年に比べて92.6%増えた。米ドルの取引数量を抜いてトップだ。

   豪ドルは、野村証券のノムラ個人投資家サーベイ(10年12月)の「最も投資魅力がある通貨」でも、10年1月の調査開始以来12か月連続でトップだった。

金利差益狙いで「買い増し」膨らむ

   豪ドルの魅力は、高金利にもある。中国をはじめとする新興国への資源輸出国として、豪州は世界でいち早く景気が回復基調に転じて政策金利の上昇が続いている。NTTグループのFX会社、NTTスマートトレードの市場情報部、工藤隆部長は「実質ゼロ金利の日本円との金利差から発生する収入(スワップ金利)に注目が集まった結果ですね」と話す。

   高金利通貨を購入して金利の低い通貨を売る場合、通貨ペアの保有中は金利スワップ(金利差益)を受け取ることができる。そのため、金利差益を狙って「買い増し」が膨らみ、さらに「長期保有を目的に(豪ドルを)購入した投資家が多かったようです」(工藤氏)という。また、豪ドルは流動性が高く、M&Aや貿易などの実態に即した通貨需給によるところが大きいので、「暴落する可能性が低い」(市場関係者)ともいわれる。

   FX取引といえば、海外旅行などで慣れ親しんだ通貨である「米ドル・円」の通貨ペアが取引しやすい「入門編」として、これまでは一般的で取引数量もダントツだったが、「1年を通じて、終わってみれば豪ドルが首位だった」(東京金融取引所)という。

   米国や日本などが金融緩和策を継続することが予想されるので、豪ドル人気も当分続きそうだ。

個人投資家が選ぶ「通貨」が広がる

   東京金融取引所によると、FX取引が全体的に増えるなかで、通貨ペアの選択肢も広がっている。2010年の通貨ペアごとの取引数量をみると、「ユーロ・米ドル」が前年に比べて229.1%増の365万4987枚と急増した。

   「スイスフラン・円」が101.2%増の36万8567枚、「ユーロ・円」が100%増の1992万1565枚、「カナダ・円」が98.4%増の92万7926枚と続いた。

   09年と比べて取引数量が減った通貨ペアはなかった。

   12月単月でみても、「スイスフラン・円」(前年同月比611.2%増)や「カナダドル・円」(203.9%増)、「ニュージーランドドル・円」(163.1%増)といった通貨ペアの取引が活発。ある市場関係者は、「『ユーロ・米ドル』の動きが大きいように、世界的に取引が活発な、流動性の高い通貨ペアに資金が流れる傾向にあるが、通貨ペアの選択肢が増えたのは個人投資家がだいぶ研究していることの証でもあり、また前向きにリスクをとろうという姿勢がうかがえる」と話している。

   一方、FX業界最大手の外為どっとコムや、前出のNTTスマートトレードなどの取引所外の店頭取引では、「豪ドル・円」が伸びたものの、「米ドル・円」の取引量には及ばなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中