横澤彪さん死去、ネットで追悼相次ぐ 「ひょうきん族」世代やお笑い芸人から

印刷

   「笑っていいとも!」「オレたちひょうきん族」などの人気番組を手掛けた元フジテレビ・ゼネラルプロデューサーの横澤彪さんが2011年1月8日、73歳で亡くなった。訃報が報じられてから一夜明けた10日、ネットには横澤さんを追悼する書き込みが多数寄せられている。

   横澤さんは1963年にフジテレビに入社。数々の人気バラエティ番組に関わり、「横澤番組」は、ビートたけしさんや明石家さんまさん、島田紳助さんら、現在のお笑い界の大御所を多数輩出した。80年代には「オレたちひょうきん族」や「森田一義アワー 笑っていいとも!」などを手掛け、今に繋がる日本のバラエティ番組の礎を築いた。

ダイノジ大谷「横澤さん、安らかに」

横澤彪さんを追悼する書き込みが相次いでいる(2008年撮影)
横澤彪さんを追悼する書き込みが相次いでいる。(2008年撮影)

   1995年にフジテレビを退社してからは、吉本興業役員などを歴任。しかし、2006年に医師から悪性リンパ腫を告げられ、一時は入院して抗がん剤治療を受けたこともあった。最近は定期的に通院しながらも、日常生活をほぼ普段通りに送っていたという。しかし、11年1月7日に肺炎をこじらせ、帰らぬ人となってしまった。

   吉本興業所属のお笑いコンビ、ダイノジの大谷ノブ彦さんは1月10日、ブログに「横澤さん、安らかに」という記事を掲載。横澤さんとは色々な思い出があるという。

   横澤さんが吉本興業にいたころ、一緒にテレビ局への挨拶回りをしてくれたことがあり、とても嬉しかったそうだ。「まだ俺は影響力があるんだと力を誇示したかったのかもしれない。いや、多分…不憫な俺らに同情してくれたのかもしれない」と書いている。

「ひょうきん懺悔室」にも追悼コメント

   横澤さんが教授を務めていた大学の学園祭に呼んでもらったこともあった。舞台を終えると笑顔の横澤さんから「漫才師になったなー」と言われた。「忘れられない嬉しい一言だった。横澤さん、お疲れ様でした。合掌」と哀悼の意を表した。

   J-CASTニュースの記事「『いいとも!』、『ひょうきん族』… バラエティ礎築いた横澤彪さん死去」(1月9日)にも、配信先のヤフーなどで「今のフジTVがあるのも、横澤さんおかげと言っても過言ではない!」「古き良きあの頃の一時代が終わってしまった感じでとても寂しいです」といったコメントが多数ついている。横澤さんはJ-CASTテレビウォッチに「横澤彪のチャンネルGメン∞(無限大)」を連載していて(最新更新は10年12月30日配信)、過去記事のコメント欄にも同様の反応が寄せられている。

   また、「ひょうきん族」を観ていた世代からは、横澤さんは番組内で出演者やスタッフがNGを告白するコーナー「ひょうきん懺悔室」の神父役としても知られていた。YouTubeには、同コーナーの一部がアップされており、「横澤彪さん、ご苦労様でした」「悲しいです」といった追悼コメントが書き込まれている。

   11年1月10日放送の情報番組「おもいっきりDON!」(日本テレビ系)では、元・日テレアナウンサーでコメンテーターの徳光和夫さんが、「フジテレビの方でしたが、横澤さんがいてこそ今日のお笑いがある、といっていい」と話していた。

   横澤さんの葬儀・告別式は14日、東京都大田区の池上本門寺で行われる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中