JALパイロット獲得競争始まる アジアでLCC採用に名乗り

印刷

   会社更生手続き中の日本航空(JAL)が2010年末、パイロット(機長・副操縦士)約80人を含む約170人の整理解雇に踏み切った。これで、更生計画実現のための人員削減は一段落した形だが、注目されるのが退職者の行方だ。今回のリストラでは約700人のパイロットがJALを離れたが、依然としてJALパイロットに対する国外の評価は高く、受け皿として、格安航空会社(LCC)が存在感を増している。

   JALが10年8月31日に東京地裁に提出した更生計画案では、10年度末までに、グループ人員の約3分の1にあたる約1万6000人を削減する計画だ。

JALのクルーの仕事ぶりに対し評価の声

JALを退職したパイロットをめぐる争奪戦が起こりそうだ
JALを退職したパイロットをめぐる争奪戦が起こりそうだ

   同社では職種別の内訳は公表していないものの、グループ内に約2500人いるパイロットについては、約700人が削減の対象とされたとみられる。この700人は、最後まで希望退職に応じず整理解雇された約80人を含め、10年末までに実際にJALを去った模様だ。

   この700人に期待の目を向けているのが、海外の航空会社だ。

   例えば、中国紙「網易財経」が10年8月に伝えたところによると、10年夏に日本路線を開設した中国の格安航空会社(LCC)の春秋航空は、JALを退職した客室乗務員(CA)とパイロットを大量に採用する方針を表明。春秋航空の経営陣からはJALのクルーの仕事ぶりに対する評価の声が多くあがっていたといい、JAL退職者の採用で、日本路線のサービス向上につなげたい考えだ。

   実際に、JAL退職者が採用に至ったケースもある。韓国メディアによると、チェジュ航空は10年11月にJAL出身のパイロット2人を採用。11年下半期にも、JAL出身のパイロット2~3人を採用することも検討しているという。朝鮮日報によると、通常、韓国の航空会社が外国人パイロットを採用するときは待遇面で優遇するが、今回は、「組織内部で差別問題など反発の恐れがある」として、待遇は韓国人パイロットと同様だという。このことが、韓国の航空業界では話題になっているという。

スカイマークは200人以上の応募がありすでに約50人採用

   さらに、朝鮮日報では、

「最近、中国の航空会社がアジア地域のパイロットを獲得しまくっている。こうした状況から、再就職市場に出るJALのパイロットを獲得するための競争は激しくなるだろう」

との業界内の見方を伝えている。

   ただ、転職先が国内の航空会社であったとしても、待遇が大幅にダウンするのは同様だ。

   国際線への参入を表明するなど拡大路線をとっているスカイマークは10年12月1日、JALを退職したパイロット約120人を採用すると発表。西久保慎一社長が10年12月21日に外国特派員協会で行った講演で明らかにしたところによると、200人以上の応募があり、すでに約50人を採用。さらに150人程度を採用する予定だ。

   スカイマークでは、採用条件や待遇面でJAL出身者が優遇されることはないといい、スカイマークが公表している有価証券報告書によると、10年3月末のパイロットの平均年収は803万7000円。一方、JALで11年1月にスタートする新給与体系では、約1800万円のパイロットの年収が1200万円にまで引き下げられるものの、再就職で年収大幅ダウンは避けられない。

   JALを離れたパイロット700人のうち、何人が実際に再就職に成功したかは明らかではないが、JAL広報部では「再就職支援は、誠心誠意行っている」とコメント。具体的には、主に海外航空会社のパイロットとしての再就職を支援するためのウェブサイトを社内ネットワーク上に立ちあげたり、メールでも個別に再就職先を斡旋したりするなどの対応を行っているという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中