スッチー制服も退職者の「お下がり」  JAL「ケチケチ作戦」進行中

印刷

   会社更生手続き中の日本航空(JAL)は、2010年末にパイロットや客室乗務員(CA)の整理解雇に踏み切ったことでリストラ策が一段落し、少しずつ業績が好転しつつある。不採算路線の撤退や機材の小型化が主な要因だが、昼間のタクシー通勤を廃止したり、客室清掃もCAが担当したりするといった様々なコスト削減策も進んでいる。

   その中でも特に目を引くのが、これまではCAに対して新品の制服が支給されていたものが、退職者の「お下がり」の支給に切り換えられたことだ。それぞれのコスト削減効果は年に数千万円程度だが、JALでは「ひとつひとつの積み重ねが大事」だとしている。

新品1セットつくるのに約3万円かかっていた

歴代のJAL制服。一番右が、04年から採用されている現行の9代目だ
歴代のJAL制服。一番右が、04年から採用されている現行の9代目だ

   現在JALで使用されているCAの制服は9代目で、デザインは稲葉賀恵さんが担当。旧日本航空と旧日本エアシステム(JAS)の統合を機に、04年から使用されている。新品を1セット(ジャケット、スカート、ベスト、ブラウス、スカーフ)つくるのに約3万円かかり、これまでは3年に1回追加支給してきた。古い制服は回収し、廃棄していた。制服は外部に流出すると空港保安上の問題があることから、ロゴを外し、はさみを入れてから廃棄業者に引き渡すという念の入れようだった。

   JALが公表している有価証券報告書によると、09年3月末時点で5948人のCAが在籍していたが、10年3月から12月にかけて行われたリストラ策で、約2000人が退職したものとみられる。これにともなって制服を大量に回収することになり、再利用することになった。これまではイージーオーダーで新品を支給していたが、10年からは退職者から回収した制服を再縫製するなどして仕立て直したものを支給することになっている。

制服関連の費用は、4000万円から2000万円に半減

   JAL広報部によると、2010年の制服関連の費用は、4000万円から2000万円に半減する見通しだという。また、交換サイクルには波があり、多い年には年に1億円程度かかる年もあるが、やはり費用は半減する見通しだ、

   それ以外にも、国内線ではCAが機内清掃を行うことで、年に約3億円を削減。これまでも、子会社の「JALエクスプレス」ではすでに行われていたが、これを本体に拡大した形だ。また、CAが空港の搭乗ゲートの誘導業務を手伝うなどして地上係員を削減。年に2億4000万円の削減につながっているという。

   JALは10年末に企業再生支援機構から3500億円の出資を受け、12年末までの上場を目指している。不採算路線からの撤退を進め、大型機から中型機に切り換えるなどした結果、10年11月には単月で132億6900万円の営業黒字を計上。現段階では、一応黒字基調にある。

   JAL広報部では、

「それぞれの施策で節約できる金額は少ないですが、ひとつひとつの積み重ねが重要だと考えています」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中