赤字まみれだったハウステンボス  HIS傘下で急回復した理由

印刷

   旅行業大手エイチ・アイ・エス(HIS)の傘下で経営再建を進めている大型リゾート施設「ハウステンボス」(HTB、長崎県佐世保市)が好調な業績を上げている。

   HISの傘下に入って初年度となる2010年9月期単体決算が2010年末発表され、経常利益は4億200万円と、1992年の開業以来初の経常黒字を確保した。同市からの再生支援交付金が寄与したとはいえ、2011年9月期には本業のもうけを示す営業損益でも黒字化を視野に入れているという。

年間入場者数が3期ぶりに増加に転じる

   決算期を従来の3月から9月に変更したため、6カ月の変則決算となるが、売上高は55億7000万円で、前期と比較するとほぼ横ばい。営業損益は1億4000万円の赤字だが、前期は7億円を超える赤字を計上しており、大幅に改善した。

   同市からの再生支援交付金4億3900万円を営業外収入に計上し、経常損益では黒字化を達成。最終(当期)損益も4億2700万円の黒字となった。HISの支援が決まる昨春以前、破産の危機さえ浮上していたHTBにとって、「まずまずの初年度だった」(関係者)との評価は決して言い過ぎではない。

   好調要因の一つは入場者の増加だ。2010年9月まで1年間の入場者数は154万人で3期ぶりに増加に転じた。背景には入場料の値下げがある。また、集客効果が高い多彩なイベントを開催。人気アイドルグループ「AKB48」を招いた企画で若者を引きつけたほか、海外から著名人を集めてガーデニング世界大会を開き、中高年にまで客層を広げる取り組みにも力を入れた。

9月期は経常利益8億円を見込む

   さらに、急速に経済力をつけている中国からの来場を促すため、HISとの共同出資で中国・上海と長崎を結ぶ海上航路の運航会社を設立し、7月にも運航を始める計画を急ピッチで進めている。

   2011年9月期の業績予想では、売上高は16.8%増の132億円、経常損益は8億円の黒字を見込む。入場者数も20.1%増の185万人と2ケタ増を予想しており、沢田秀雄社長は「集客状況を見れば営業損益の黒字化は間違いない」とも述べ、自信を見せた。

   強気な姿勢を見せるHTB。わずか1年前にはHIS関係者でさえ「再建は難しい」とつぶやいていたことから見れば、想像以上の前進で、光は着実に差してきたといえる。

   しかし好調な業績を支えている理由の一つは、市からの再生支援交付金だ。入場者が増えてきたとはいえ、「一時的なイベント効果が大きい」(関係者)との見方も強い。今後の再建の行方を左右する可能性が高い中国など海外からの入場者の動向も未知数で、HTBの正念場はまだまだこれからだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中