KARAの分裂騒ぎあっても K-POPブームまだ続く

印刷

   少女時代とともにK-POPブームを引っ張ってきた韓国のガールズグループKARAが大変な事態になっている。メンバー5人のうち3 人が「人格を冒涜された」として所属事務所に専属契約の解除を通知。グループが分裂状態になっている。

   KARAは2007年に韓国でデビューし、10年8月にはシングル「ミスター」で日本進出。少女時代とともに日本でのK-POPブームの牽引役だ。

「望まない活動を強要された」

   2011年1月からはテレビ東京で「URAKARA」というドラマ番組がスタート。KARAの5人が「惚れさせ屋」を目指して様々な恋愛ミッションに挑戦するというストーリーで、深夜帯にも関わらず初回視聴率は4.2%と好調だ。

   しかし、2011年1月19日、リーダーのギュリさん(22)を除くスンヨンさん(22)、ハラさん(20)、ニコルさん(19)、ジヨンさん(17)の4人が所属事務所DSPメディアに対し、専属契約の解除を申し出た。その後、同日夕方になったハラさんが契約解除を撤回したという。

   契約解除の理由について、スンヨンさんらの代理人は「DSP社は地位を悪用してメンバーが望まない活動を強要してきた。人格を冒涜し、内容説明もなく契約を結ぶなどメンバーの苦痛は大きい」と説明。現在5人中3人が事務所と対立しているという構図だ。

初期投資回収でハードスケジュールか

   韓国の芸能事情にも詳しいジャーナリストの太刀川正樹さんは「東方神起も結局ギャラで分裂しましたからね。KARAは2010年に200億ウォン(約14億円)稼いだけれども、300万ウォン(約21万円)しかメンバーに払われなかったと韓国では言われています」と話す。

   これに対しては、事務所側は昨年(2010年)は各メンバーに月200万円近く払ったと主張しているという報道もある。

   「人格の冒涜」が解除理由になった背景については、

「韓国では、08年ごろから少女時代のようなセクシー系ガールズグループが大人気。同じようなグループが幾つもあります。厳しい競争の中、テレビ・新聞への露出を増やすために、もしかしたら過度の接待があったのかも知れません」

   また、韓国人ジャーナリストによると韓国では、デビューするまで何年間も事務所が芸能人をサポートする。そのため、デビュー後は長期の契約を結び、それまでにかかったレッスン料や衣食住の費用を回収しようと、ハードな仕事のスケジュールが組まれることもあるという。

   韓流コンテンツを扱う出版社の編集者は

「東方神起で韓国芸能界にダーティーなイメージを持ってしまった日本人の韓流ファンにとっては『え?またなの?』という感覚だと思います。でも、あくまでトラブルになっているのは事務所との関係で、KARAのメンバーが不仲だから分裂しそうになっている訳ではありません。そこはファンも分かっていると思います。ただ、もしKARAが日本で活動できなくなったとしても、他の韓国グループがたくさんいますし、K-POPブームはもうしばらく続くのではないでしょうか」

と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中