岡田幹事長、政倫審議決を断念 小沢氏の証人喚問も視野

印刷

   民主党の岡田克也幹事長は2011年1月20日、小沢一郎元代表の衆院政治倫理審査会(政倫審)への出席について、「議決しても、出てこないから意味がない」と、招致の議決を断念する考えを明らかにした。愛知県豊橋市で記者団に対して話した。さらに、「国会における説明(の場)は、政倫審か証人喚問のいずれかしかない。『政倫審で』と説得してきたが、それがノーとなると、野党の声が力を得てしまう」と述べ、証人喚問も選択肢とせざるを得ないとの考えを表明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中