任天堂3DSの6歳以下制限騒ぎ マスコミの過剰反応報道なのか

印刷

   任天堂が2011年2月26日に発売する携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」について、「6歳以下のお子さまは長時間3D(三次元)映像を見続けると目の成長に悪い影響を与える可能性があるので、2D(平面)表示に切り替えてご使用ください」と呼びかけていることがわかった。

   マスコミはこの点をかなりセンセーショナルに報道した。海外にもマイナス情報として流れ、一時株価も下落した。

目の成長に影響を与える可能性がある

   3D対応機器をめぐっては、電機メーカーなどの業界団体「電子情報技術産業協会(JEITA)」が子供の視聴を制限するガイドラインを定めて注意を呼びかけており、業界では言わば常識の話。

   任天堂は当初から安全性を考え、新型ゲーム機に2D表示の機能を持たせており、今回の告知は「想定内の対応」(関係者)なのだが、人気商品の発売前とあって思わぬ注目を集めてしまったようだ。

   任天堂は2011年1月8日から10日まで、千葉県の幕張メッセで「ニンテンドー3DS」の体験会を開催した。発売前に3DSに触れられるとあって、ファンの行列ができる人気ぶりだったが、このイベントを取材した一部のマスコミが「3DSの使用に年齢制限がある」ことに初めて気づき、大慌てで報じたようだ。

   実は任天堂は、このイベントのお知らせを2010年12月28日に自社のホームページ(HP)に掲載しており、これに合わせて「ニンテンドー3DSの3D映像についてお伝えしたいこと」という商品の使用上の注意をHPにアップした。

   この中で任天堂は、(1)3D映像の見え方には個人差があり、体調や映像などによって3Dに見えない場合もある(2)疲れている場合や体調が悪い場合は使用を控え、気分が悪くなった時は直ちに使用をやめる――といった注意に加え、「6歳以下について専門家は3DSだけでなく、3D映画や3Dテレビを含め、目の成長に影響を与える可能性があるとの見解をもっている」「3DSはお子さまへの影響を避けるため、2D映像への切り替えが可能で、保護者が3D表示を制限する仕組みを取り入れている」などと、ユーザーに呼びかけた。

ポケモンでの光過敏性発作がいまだにトラウマ

   任天堂は新商品の発表などで記者会見を開かず、HPにプレスリリースをアップして終わりということが珍しくない。今回の対応も、発売前に直接、ユーザーに注意を喚起する、任天堂らしいといえばいえる対応だった。一部のマスコミはこの時点でHPに気付き、「6歳以下の3D使用制限」を報じるところもあった。

   実はニンテンドー3DSの3D表示は任天堂がすべて自社開発したものではなく、3Dテレビの開発などで先行する大手電機メーカーの技術と部品を用いているという。裸眼で3Dが楽しめる初のゲーム機との触れ込みだが、基本構造は3Dテレビと変わらない。しかし、携帯ゲーム機は3Dテレビなどと比べて子供が長時間、熱中する可能性が高い。任天堂としては、久々のヒットが予想される新商品だけに、慎重な対応を取らざるを得なかったようだ。

   業界関係者によると、1997年にテレビアニメ「ポケットモンスター」の放送中、子供が光過敏性発作などを起こして社会問題となったことが、子供向けの映像商品開発ではトラウマになっているという。

   左右の目に異なる映像を送り、脳内で立体映像と感じさせる3D映像については、専門家の間で「長時間視聴すると、目や脳が疲れる」などの問題点が指摘されていた。このため電機メーカーなどの業界団体が2010年4月、3D映像を安全に視聴するためのガイドラインを公表。「3D機器の子供の利用は視機能への影響を考慮し、大人の管理の下で視聴の可否判断、視聴時間制限をするのが望ましい」などと、異例の指導をしていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中