10年のスーパー売上高2.6%減少 天候不順で苦戦

印刷

   日本チェーンストア協会が2011年1月24日に発表した10年のスーパー(会員62社)の売上高は約12兆3556億円で、前年に比べて2.6%減少した(既存店ベース)。消費者の節約志向が続くなかで、マイナス幅は縮小したものの、前年を上回るには至らなかった。全店ベースでは3.7%減だった。

   1月は暖冬傾向で冬物衣料や鍋物関連が苦戦。3月には一転、気温が下がり春物需要が低迷した。5月もアイスクリーム類が振るわなかった。6月後半からは猛暑の影響でエアコンや扇風機に動きがみられたほか、水分補給のための果汁飲料類や、機能性肌着や水着、日傘が伸びた。9月はたばこ増税前の駆け込み需要、11月には家電エコポイントの駆け込み需要があった。

   なお、10年12月の売上高は1兆2123億円で、前年同月比1.6%減(既存店ベース)だった。前月比では19.6%増えた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中