大雪で露呈した過疎化の悲劇 死亡45人の6割が高齢者だった

印刷

   北海道から北陸、山陰地方にかけて大雪が続くなかで、屋根の雪下ろしの作業中に転落したり、落雪に埋もれたりして死亡する人が増えている。総務省消防庁のまとめによると、2010年11月1日から11年1月19日までに、大雪の影響で死亡したのは11道県で45人になった。重傷者は193人、軽症者は270人に及ぶ。

   死亡者数は戦後2番目に多い、152人を出した「2005年豪雪」以来の高いペースで推移していて、死者の6割にあたる27人が65歳以上の高齢者で占めている。

屋根の雪下ろし時に転落など除雪作業が危ない

   最近は地球温暖化の影響で雪が少なくなったといわれるが、それでも2006年度に12人、07年度47人、08年度21人、09年度には56人が亡くなっている。この冬はすでに45人に達し、このままでは前年度を上回りそうだ。

   死亡者数は北海道が12人と最も多く、次いで新潟県8人、鳥取県では5人が亡くなった。死因は、屋根の雪下ろし時の転落死など除雪作業中によるものが27人と最も多い。落雪で生き埋めとなって死亡するケースも9人。雪崩による死者も6人いた。

   とはいえ、放っておけば雪の重みで家屋が倒壊するおそれもあるから、雪下ろしをやらないわけにもいかない。家屋の半壊は鳥取県で1件。一部損壊は38件あって、このうち、22件が島根県だった。

   なぜ、今冬は雪害が多いのだろう――。新潟県長岡市にある防災科学技術研究所雪氷防災センターの山口悟・主任研究員によると、「今季はふだん雪の降らないところが、大雪に見舞われているのが特徴」という。たとえば、鳥取県米子市は例年であれば雪が少ない地域で、雪崩の経験などもなかった。「備えが手薄な地域に大雪が降ったことで、被害が拡大したようです」と話す。

   地球温暖化の影響で、雪が降ったり降らなかったり、年ごとの変動が大きいので「雪への備え」が満足にいかないことがある。

若者がいても雪下ろしの経験が乏しい

   高齢者も、除雪作業をやってくれる人が少ないとはいえ、自分の体力を過信したことは否めない。10年前に雪下ろしができたからといって、いまその体力が残っているわけではない。

   雪氷防災センターの山口氏は、「雪害と過疎化の問題はじつはセットなんです。若者がいれば雪下ろしも任せられますが、いない。また若者がいても雪下ろしの経験が乏しいので技術が伝承されていないことがあります」と話す。

   高齢者ばかりで、どうにもならないのが現状のようだ。

   じつは、今冬に日本海側に多くの雪を降らせているのも、地球温暖化が密接にかかわっていると考えられている。

   前出の山口氏は、「この冬は平年よりも日本海の海面の水温が高い。そこに冷たい寒気が入り込むことで、水蒸気が活発にできて雪が降りやすくなるのですが、海水と気温の温度差が大きいほど、雪を降らせるポテンシャルも高まる可能性があります」と説明する。必ずしも、地球温暖化の影響で雪が減っているわけではなかったのだ。

   ウェザーニュースによると、2011年2月いっぱいは強い寒気があり、日本海側の大雪も「引き続き注意が必要」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中