連合「給与1%UP」要求腰砕け 2011年春闘すでに「勝負あった」

印刷

   2011年の春闘は、1月19日に日本経団連の米倉弘昌会長と連合の古賀伸明会長が東京都内の経団連会館で会談し、幕開けした。春闘相場をリードする3月16日の自動車、電機単組への回答集中日に向け、攻防が展開される。

   今年の焦点は連合が新たに掲げた「諸手当などを合わせた給与総額で1%引き上げ」。給与体系を底上げするベースアップ(ベア)を2年連続で見送る代わりに持ち出した概念だが、肝心の組合への浸透が今ひとつであるため、組合側の迫力が欠けているのが実情だ。

給与総額は97年に比べ09年は5.1%減

   連合が「1%」を主張する根拠は、厚生労働省の毎月勤労統計。フルタイムの「一般労働者」の現金給与総額はピークだった1997年に比べて2009年は5.1%減少しており、1年に1%ずつ引き上げれば5年で賃金をピーク時に「復元」(連合)できるというわけだ。

   日本経済は新興国の需要拡大などを背景にリーマン・ショックのどん底からは回復し、個別の企業業績も回復傾向にあるが、給与体系を底上げするベアを、統一的に数字を入れて求めることまでは難しい。ならば、諸手当などを含めた総額なら経営側も抵抗度合いが弱まるのではないか、と考えたようだ。

   実際、経団連が1月17日に決定した経営側の指針「経営労働政策委員会報告」では、年齢などに応じて自動的に毎年給与が上がる「定期昇給」(定昇)の維持については容認し、定昇見直しを俎上にあげた2010年春闘より姿勢は柔軟だ。

   しかし「統計はそうかもしれないが、なぜ1%なのかが、もう一つよく分からない」という声は電機連合など、連合を支える産業別労働組合の大手からも漏れている。そればかりか、電機連合のほか、トヨタ自動車など春闘相場に大きな影響がある単組を傘下に持つ自動車総連も、軒並み今春闘の要求に「1%」という文言を入れていない。産別で「1%」を明確に掲げているのは繊維や食品、流通業界の「UIゼンセン同盟」などに限られている。

経団連「1%は困難」と繰り返しメディアで強調

   電機連合は「1%」を盛り込まなかった理由を「十分に企業業績が回復せず、賃金水準の改善要求を行う状況にはないから」、自動車総連も「危機的な状況は脱しつつあるが、2010年9月のエコカー補助金終了や高止まりする円高で先行きが明るいとは言えない」として「闘争心」を抑え、控えめな反応を示している。

   一方、連合自体も揺れている。「1%」の対象にはボーナス(一時金)も入ると昨年来、幹部が公言していたのに、「一時金は勘定に入れない」と1月下旬になってマスコミに説明して回るなど、何だか頼りないのだ。実際、自動車総連などは「一時金は昨年の水準を上回ることを目標としているので、『1%』を掲げなくても連合方針とそれほど変わらない」(幹部)としているだけに、認識の共有に問題を抱えたまま、春闘シーズンに入ってしまっている。

   こうした組合側の混乱を前に経団連は「1%は困難」との発言、反応を繰り返しメディアで強調。早くも勝負があったようものだ。「春闘は曲がり角」と指摘されて久しいが、そろそろ本当にそのあり方を考える時期に来ているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中