為替デリバティブ、紛争解決機関への斡旋申し立て急増

印刷

   円高の急激な進行で多額の損失が発生している為替デリバティブ(金融派生商品)について、中小企業が全国銀行協会の「相談室・あっせん委員会」に裁判外の紛争解決機関(ADR制度)への斡旋を申し立てるケースが急増している。

   斡旋申し立て件数は2010年4~12月で75件となり、すでに09年度から倍増している。為替デリバティブをめぐる申し立て件数は、08年度(ADR制度が導入された10月以降)は3件だったが、09年度には36件に増加していた。

   中小企業側は申し立ての理由について、「そもそも不要な取引であり、銀行との付き合いのため契約した。多大な損失が発生することとなり許すことができない」など、説明が不十分だったことを指摘。取引のある銀行に対して違約金なしで解約を求めているケースが多い。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中