コンビニの「唐揚げチキン戦争」に新事実!! 「からあげクン」も「ファミ吉」も「妖精」だった

印刷

   コンビニチェーン「ローソン」の大人気商品、鳥の唐揚げ「からあげクン」。ニワトリのキャラクターを使っていると多くの人が信じていたが、実はこのキャラクター、「ニワトリではなく妖精です」と同社広報が明かしたためネットが騒然となった。

   それだけではない。「ファミリーマート」の骨なしチキン「ファミチキ」のキャラクター「ファミ吉」も、実は「妖精」なのだという。「妖精」を使ったコンビニの「唐揚げチキン戦争」が始まっていた。

「ニワトリ!!と思いますよね~実は妖精なんですよ」

「からあげクン」のニワトリだけでない「ファミ吉」も妖精。
「からあげクン」のニワトリだけでない「ファミ吉」も妖精

   「からあげクン」といえば3種類の味があり、それぞれのパッケージにニワトリのキャラクターが描かれている。このニワトリは家族で名前は「レギュラーくん」「レッドママ」「チーズパパ」という。ところが同社の公式ブログ「ローソン広報 HAPPY BLOG」の2011年1月19日付けに、どう見てもニワトリにしか見えないこのキャラクターは、実は妖精だと書かれた。しかも、ニワトリの妖精でもないのだそうだ。

   ブログには

「ニワトリ!!と思いますよね~残念!!!!!実は『妖精』なんですよーーー!!私たちも初めて知りました・・・!からあげクンのトリビアです!!」

と書かれた。キャラクターをニワトリだと信じていた人たちは騒然。ネットの掲示板やブログに「オドロキの新事実だ」などと書き込まれた。また、掲示板には「からあげクンはニワトリではなかった」というスレッドも立ち、ニワトリではない肉を使っていると勘違いする人も出て大騒ぎになった。

   コンビニチェーンがオリジナル商品に独自のキャラクターを付けるのは珍しい。ただし、鳥の唐揚げのようなファーストフードだからこそ販促になる、と考えているようで、「ファミリーマート」のフライドチキン「ファミチキ」にも「ファミ吉」というキャラクターがいる。そして「ファミ吉」も「妖精」なのだそうだ。

人気キャラに成長して問い合わせが殺到

   ファミリーマート広報によると「ファミ吉」は性別不明。新鮮な油のプールで泳ぐのが趣味で、住んでいる場所は「ファミマのレジのそばのあそこ」。ファミチキ語を話し、口癖は「ジュー」。同社「ツイッター」公式アカウントのアイコンとして09年12月に登場。キャラクター名を「ツイッター」で一般公募して「ファミ吉」に決まった。かなりの人気者に成長していて、チキンのキャンペーンなどを開催すると「ファミ吉」のキャラクターグッズに関する問い合わせが殺到するという。

   ローソンの「からあげクン」も今年が誕生25周年。数々のキャンペーンを予定していて、ニワトリに似た「妖精」がイベントで使われるシールになって登場するなど活躍の場が増えていくことになりそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中