元モーニング娘。農業に「転職」 18歳久住小春が無農薬野菜作り

印刷

   元モーニング娘。の久住小春さん(18)がアイドルから「農家」へ転身しようとしている。最近は無農薬野菜作りの勉強に熱中し、現在は農家から畑を借り、完全無農薬の「究極野菜」を作ろうとしている。

   久住さんは1992年新潟県生まれの18歳。2005年、12歳のころにモーニング娘。のオーディションに応募してデビュー。しかし、09年12月に当時まだ17歳にも関わらず突如モーニング娘。及びハロープロジェクトから「卒業」してしまった。

頭痛・貧血に悩まされたモーニング娘。時代

久住さんはブログでも健康法を紹介している。
久住さんはブログでも健康法を紹介している。

   その後は「おはスタ」(テレビ東京)にレギュラー出演しているくらいで、これといった芸能活動はほぼなくなっていた。

   そうした中で、初のエッセイ本『17歳の転職』(ワニブックス)が2011年2月10日に発売される。それによると、久住さんは現在農業を志しているのだという。

   モーニング娘。時代、ソロでも活動していたため、メンバーの中でも特に忙しく、頭痛・貧血・腹痛に悩まされるようになった。ライブもとても辛く、しばしば「死ぬんじゃないか」と思うこともあった。

   サプリメントの効果も、一時的なもので根本的にはよくならなかった。グループとソロ活動の両立でも悩むようになり、モーニング娘。を辞めることにしたのだという。

   その後モデルをやりたいと思っていたが、身長が166センチと少し小さいことなどもあり断念。考えた末、体調を崩して以来興味を持っていた食と健康をテーマにしていこうと決めた。

「自分の育てた野菜をみんなに食べて欲しい」

   モーニング娘。時代に健康に気をつけるようになり、ブロッコリーを茹でて持って行ったり、青汁を飲んだりしていた。貧血のときはプルーンやレバーを食べ、常に健康本を読んでいたという。

   09年秋からは「ローフード」にはまる。ローフードとは生の食材を極力加工しないで体内に取り入れる食事法で、生野菜や生魚、生肉のほか、納豆や味噌、ぬか漬けなどの発酵食品が含まれる。火もあまり使わず簡単だ。これに出会ってから頭痛と腹痛がなくなり、体力もついたという。

   野菜にもこだわるようになった。その結果、無農薬野菜でもその種が無農薬じゃなかったらダメ、というところまでいった。種から無農薬の野菜は味がしっかりしているのだという。ローフードや、野菜の種に関連した講座も受講した。

   現在、農家に60坪の畑を借り、勉強中。10年9月から耕し始め、完全無農薬の「究極野菜」を目指している。収穫はまだ先だが「無農薬の自分で作った野菜を食べられる時が今からとっても楽しみ」「自分の育てた野菜をみんなに食べて欲しい」と書いている。

   久住さんはブログでも健康法や野菜の調理法を詳しく紹介。コメント欄には「小春ちゃん凄い知識ですね」「勉強になります」といった書き込みが毎回多数寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中