東証株式市場1万500円台 鉄鋼株がけん引

印刷

   2011年2月4日の東京株式市場の日経平均株価は、前日の新日本製鐵と住友金属の合併方針の発表をきっかけに大幅上昇した鉄鋼株を「けん引役」に反発、一時149円上昇して1万580円36銭の値をつけた。終値は、前日比112円16銭高の1万543円52銭だった。ほぼ2週間ぶりに1万500円台を回復した。

   米国経済の改善期待やエジプト情勢の混乱が市場に与える影響がいまのところ限定的なこと、外国為替市場で円高基調がやや和らいでいるほか、企業の好決算も評価されている。成長期待の高い企業をはじめ、幅広い銘柄が買われた。

   新日鉄と住金が大幅に値を上げたほか、JFEホールディングスや神戸製鋼なども買われた。3日に決算発表した日立製作所やソフトバンク、ソニーも高い。三菱UFJフィナンシャル・グループなど大手銀行株も上昇した。

   東証株価指数(TOPIX)も上げ幅を広げ、7.79ポイント上昇の935.36だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中