小沢元代表処分も結局「腰砕け」 民主党お得意の「最初威勢よく最後は…」

印刷

   強制起訴された民主党の小沢一郎元代表への対応を巡り、党内の迷走がまだ続いている。処分内容どころか処分するのかどうかも定まらない状態だ。「菅首相はすでに『詰んでいる』のではないか」とするネットコラムが注目されているが、党内の混乱が続けば「詰んでいるのは民主党…」となりかねない情勢だ。

   「小沢氏処分、首相腰砕け」(時事通信)、「小沢元代表処分 及び腰の対応でどうする」(西日本新聞社説)――民主党役員会が小沢氏の処分に関する検討に入った2011年2月3日の様子を伝えたニュースでは、こんな見出しや記事が並んだ。

日経「最後はうやむやになる結末を再び…」

どうなる小沢氏処分問題
どうなる小沢氏処分問題

   同役員会では、離党勧告や党員資格停止などの処分をすべきかどうかを巡って賛否両論が出て結論はまとまらなかった。週明けに再協議する予定だが、中間派議員には厭戦ムードも漂っている。

   菅直人首相は同日夜、「時間を(いつまでと)きるよりも、しっかりと議論して判断すべきだ」と言い始めた。首相は11年の年頭記者会見という節目の場で、小沢氏の名前を出して「起訴されたら政治家として出処進退を明らかに」と話していた。「出処進退」の意味について記者から「小沢氏が議員辞職すべきだという考えなのか」と質問され、否定はしなかった。

   こんな情勢を受け、「菅首相も『腰砕け』の様相だ」(読売新聞)、「政倫審への出席を求める議決断念に続き、処分問題でも迷走する執行部」(日経新聞)といった報道が続く。日経新聞の総合・政治面では「最初は威勢よく拳を振り上げるものの、最後はうやむやになる結末を再びたどるのか」と指摘している。

   小沢氏が強制起訴されたのは1月31日だが、検察審査会による2度目の「起訴議決」が公表されたのは10年10月4日だ。この段階から、近く小沢氏が強制起訴されることは周知のものとなった。小沢氏が国会で説明すべきなのか、説明不要なのか、説明するとすれば、政治倫理審査会なのか証人喚問か、強制起訴後は離党すべきか、離党不要なのか、といった議論はこのときから始まった。もう4か月も前のことだ。

   しかも、あくまで「強制起訴」関連に限った話で、そもそもの小沢氏の「政治とカネ」を巡る政倫審出席話は、少なくとも10年春ごろからは続いている。

   11年2月3日の民主役員会での議論では、処分反対論者から「裁判で白黒つくまで何もしなくて良い」などの声が挙がった。同じ論法は10年10月から小沢氏寄りの議員らによって繰り返されている。マスコミの論調では、「法的な責任と政治的・道義的責任は別」との議論をよく目にするが、民主党は4か月も堂々巡りを続け、いまだ議論の出発点すら整理できていないようだ。

小沢氏「無実であることは自ずと明らかに」

   小沢氏は11年1月末の強制起訴の際、「無実であることは自ずと明らかになります」と話し、離党せず民主党議員として活動を続ける考えを強調した。強制起訴を巡っては、「検察が起訴できないと判断したぐらいだから裁判は無罪になる可能性が高い」との見方もある。小沢氏が処分されるべきなのか、実際処分されるのかどうかは議論が分かれているが、いずれにせよ、菅首相はその対応次第では、年頭会見との整合性を問われそうだ。

   経済評論家、山崎元さんは2月2日配信のネットコラム「山崎元のマルチスコープ」(ダイヤモンド・オンライン)で、「菅首相はすでに『詰んでいる』のではないか」と題して、菅首相のいわゆる「3月危機説」について、将棋の王手に例えながら触れた。4月の統一地方選を前に「菅首相では戦えない」の声が強まり、かつ対野党との関係でも予算関連法案成立と引き換えに退陣するしかない、というわけだ。

   山崎さんコラムを取り上げたネット掲示板2ちゃんねるなどをみると、菅退陣説について、「もう民主はけっこう!」「退陣じゃなくて解散しろ」「自民党に対して、たらい回しは止めろと批判してたろうが」といった、民主党そのものへの「NO」の声も多数並んでいる。

   2月6日には、プレ統一地方選の愛知県知事選、名古屋市長選(いずれも民主推薦候補が立候補)などが投開票される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中