子ども手当「強制終了」の危機  4月以降支給額減り大混乱

印刷

   政権交代の目玉だったはずの子ども手当が、「強制終了」の危機を迎えている。政府は2011年度にも子ども手当を支給する法案を閣議決定したものの、ねじれ国会の中、現行の子ども手当法が終了する11年3月末までに新法案が成立するかどうかは微妙な情勢だ。

   仮に年度内に成立しなかった場合、かつての「児童手当」が復活するが、所得制限をめぐる複雑な処理が必要になるなど、様々な混乱も予想される。

4月1日からは「旧児童手当」が復活する

   政府が11年1月28日に閣議決定した11年度の子ども手当法案では、3歳未満への支給額は月額2万円に引き上げ、3歳~中学生への支給額は月額1万3000円に据え置く。支給総額は2兆9356億円で、そのうち政府が2兆2077億円、地方自治体が5549億円を負担することになっている。政府は年度内の成立を目指しているが、自民党や公明党などの野党は反対の姿勢を示しており、年度内の成立は微妙な情勢だ。

   では、年度内に新法案が成立しなかった場合、何が起きるのか。

   現行の「子ども手当法」は、10年度限りの時限立法だ。そのため、11年度のための法案が通らないと、3月31日で終了してしまう。現時点での子ども手当は、自民党政権から行われていた3歳未満に月額1万円支払われる「児童手当」に上乗せする形で支給されており、現行の子ども手当法が終了すると、法律上は4月1日からは「旧児童手当」が復活する形だ。

   4月以降は支給額が少なくなる可能性が高い上に、さらに混乱が起こる可能性がある。子ども手当も児童手当も、支給されるのは2月、6月、10月の年3回。つまり、11年6月には、10年度の子ども手当法を根拠にした2月~3月の子ども手当と、児童手当法を根拠にした4~5月分の児童手当を同時に支給する必要がある。

6月の支給までにシステム再改修できない

   だが、支給手続きにあたってハードルになりそうなのが、所得制限だ。子ども手当は所得制限がないが、児童手当は所得制限が設けられている。

   ところが、児童手当から子ども手当に移行するための情報システム改修で、所得を把握するための仕組みを破棄した自治体も多い。システムを再改修するためには、3~6か月かかるとみられており、6月の支給までに間に合うかは不透明だ。

   また、民主党は09年の衆院総選挙のマニフェストで、子ども手当は全額国庫負担することを掲げているが、前出のように、11年度の法案では、地方自治体には5549億円の負担を求めている。

   これに対しては「公約破りだ」という声も多く、負担を拒否する自治体が続出。現段階では、都道府県レベルでは神奈川県、群馬県、政令指定都市では横浜市、川崎市、千葉市などが負担を拒否する意向を明言している。この点でも、政府は対応に苦慮することになりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中