ルイヴィトンなど高級ブランド 日本での販売「底入れ」気配

印刷

   リーマン・ショック以降の世界的な景気悪化の影響で、ルイヴィトンやエルメス、グッチといった海外高級ブランドの日本事業は長く「低迷」が伝えられてきたが、2010年はようやく底入れの兆しが見えてきたようだ。

   矢野経済研究所によると、2010年の国内市場の規模は9028億円の見込み。前年に比べて0.91%増えた。富裕層の消費が持ち直してきたことが背景にあるとみられる。ただ、かつてのような「ブランド信仰」は若者層を中心に薄れており、ピーク時(1996年、1兆8971億円)の半分以下にとどまる。

ブランド消費 日本は出遅れ続く

   海外高級ブランドの日本事業は、仏最大手のLVMH、モエヘネシー・ルイヴィトンの2010年10~12月期の国内販売高が3%減。10年通期は5%減で、09年通期の19%減に比べて、マイナス幅を大きく縮めるなど、底入れの気配がでてきた。

   「ルイヴィトン」や「ロエベ」、「セリーヌ」など60近くの高級ブランドなどを有するLVMHだが、レザー&ファッションからコスメティック、ワイン&スピリッツなど「すべてのカテゴリーで(売れ行きが)戻ってきました」と話し、2011年は増収への転換を見込んでいる。

   しかし、高級ブランドは海外市場ほど「復調」が鮮明。日本は出遅れているようだ。野村証券のノムラ・インターナショナルが2011年1月26日に発表した「欧州小売りセクター」レポートによると、LVMH(全社ベース)の売上高はその約半分をファッション&レザーグッズが占め、11年も2ケタの売上成長率を維持できるとみている。その成長の原動力になっているのは中国だ。

   2月4日にLVMHが発表した2010年の業績発表(全社ベース)によると、2010年の純利益は前年比73%増の30億3200万ユーロ(約3370億円)。バッグなどの皮革製品が好調で、「ルイヴィトン」ブランドの収入が寄与したとしている。このうち、日本のシェアは約9%にあたる。

ブランドごとで売れ行きに「差」がある

   海外の高級ブランドを取り扱う大手百貨店。日本百貨店協会によると、高級ブランド品は貴金属品を除くとバッグなどの「身のまわり品」に分類されるが、2010年12月の「身のまわり品」の売上高は前年同月に比べて0.1%増えて、2か月ぶりにプラスになった。

   クリスマス商戦も手伝ったが、婦人服や家電などが軒並みマイナスのところ、大健闘といえる。同協会は、「貴金属や時計は売れ行きもよかったと聞いています」と話す。

   とはいえ、高級ブランドの国内販売が「底入れ」したかというと、百貨店の見方は慎重だ。ある大手百貨店は、「高級ブランドの売上げは確かに戻りつつあります。ただ、確信をもって『戻っている』と断言できるほどではありません」と話す。

   「ファッションなどは、トレンドを上手に取り込んだブランドが売れています」(大手百貨店)とし、ブランドごとに売れ行きに差があるという。

   最近は中国人観光客などが日本で高級ブランドを買っていくケースが少なくない。前出の大手百貨店では「中国人観光客が海外の高級ブランドを購入するケースは、全店ベースで1割にも満たないので、売上げを左右するほどではありません」というが、一方で「貴金属や時計は日本のほうが安心と言って、買っていく中国人は多い」(別の大手百貨店)と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中