太陽電池市場の競争激化 次世代型「CIS型」が攻勢かける

印刷

   自然エネルギーによる省エネやCO2削減の一環として、太陽電池パネルの利用が進められるなか、次世代型といわれる「CIS型」太陽電池パネルが登場した。昭和シェル石油グループのソーラーフロンティアが開発したもので、2011年2月に世界最大規模の宮崎・国富第3工場の稼働がはじまり、住宅用パネルとして本格的な量産体制に入る。

   太陽電池市場はこれまで、シャープや日立、京セラなどの「シリコン型」が主流だった。参入メーカーが増え、過熱する低コスト競争に加えて、新たな「CIS型」の登場で競争がますます激しくなりそうだ。

「CIS型」は発電効率がよく、耐久性がいい

「CIS型は発電量の多さが特徴」と話すソーラーフロンティアの栗谷川氏
「CIS型は発電量の多さが特徴」と話すソーラーフロンティアの栗谷川氏

   太陽電池パネル市場は、地球環境保護の高まりとともに拡大している。市場調査の富士経済によると、2010年の太陽電池市場は2兆1187億円で、前年に比べて約1.3倍に成長。さらに、2025年には8兆9978億円に拡大するとみている。

   太陽電池パネルには、太陽光を吸収するパネルの材料にシリコンを使う「シリコン型」と、銅やインジウム、セレンといったカルコパイライト系の化合物を使用する「CIS型」に分かれる。

   シリコン型のうち、最も古くから使われている「単結晶シリコン型」はシャープや日立が製造。コストが高いため、最近は安価な「多結晶シリコン型」への移行が進み、シャープに加えて、京セラや三菱電機などが参入している。中国も攻勢を強めており、市場価格はどんどん押し下げられているのが現状だ。

   これに対してCIS型は、ソーラーフロンティアが独自の先端技術で量産化を実現した太陽電池パネルで、市場に出回っているCIS型パネルのほとんどを同社が生産しているといってよい。

   CIS型は発電量の多いのが最大の特徴で、多結晶シリコン型に比べて、年約8%上回る。同社執行役員・技術本部長の栗谷川悟氏は「CIS型は発電量が多いのがメリット。ご自宅で実際に使っていただければ、それを実感していただけるはずです」と胸を張る。

   過酷な条件でも劣化が少なく、国内メーカーで20年間の出力保証を打ち出しているのも同社だけだ。

世界最大規模のソーラーパネル工場が稼働

今後ますますソーラー発電住宅が広がりそうだ
今後ますますソーラー発電住宅が広がりそうだ

   近く稼働がはじまる宮崎・国富第3工場の年間生産能力は900メガワットにのぼる。すでに稼働している第1工場と第2工場とあわせると、年間約1000メガワットのCIS型太陽電池を生産する、世界最大級の工場になる。

   2メガワット(2000キロワット)相当の大規模な太陽光発電設備を搭載した第3工場は、「従来よりも少ないエネルギーでの生産を可能する」(栗谷川氏)のが特徴だ。

   この工場では、太陽光を電気に変える割合(変換効率)を高めた、新たな太陽電池パネルを生産する。従来のパネルは横65センチ×125センチの大きさで1時間に約80ワット時を発電したが、新製品は大きさが従来の1.5倍に対して、発電量は1.8倍に高まる。20年以上も太陽光発電を研究してきた栗谷川氏は、「CIS型は、変換効率がまだ伸びる余地があり、そこが魅力でもあります」と話す。

   1枚あたりの面積が大きいパネルがつくれて、サウジアラビアの石油施設にも設置。第3工場の稼働で、本格的な軽量化、薄型化によって住宅用としても利用できるなど、幅広い用途で使える。影に強く、耐久性のよさや、さまざまな屋根に載せてもマッチするデザイン性も、シリコン型より「先進的」とされる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中