輝き失った「ホンダの軽」 ダイハツ、スズキに離される一方

印刷

   「ホンダの軽」が輝きを失って久しい。かつて品質問題こそあったものの「N360」で市場を席巻し、バブル期にはミッドシップの名車「ビート」を世に送り出した。ところが最近はダイハツ工業、スズキの2強の販売シェアが7割近くまで膨らむなかでホンダの停滞が目立つ。

   あるホンダディーラーの店長は「今の商品力ではダイハツ、スズキとは戦えない。軽のエンジンは各社3気筒ばかりになったが、4気筒エンジンを新開発するぐらいのことはしてほしい」と研究所に強い期待をかける。

国内における軽の重要性は強く認識

   ホンダ自身、国内事業における軽自動車の重要性は強く認識している。 2009年に退任した福井威夫前社長は事あるごとに「国内では軽の強化が不可欠」と繰り返し、跡を引き継いだ伊東孝紳社長も「軽は将来のわれわれの発展の担保になる」と軽重視を強調する。これはダウンサイジングが進む国内では軽の比率が今後も高く、場合によっては半分を占める可能性すらあると予想しているためだ。

   ホンダは2013年度に国内販売を今年度より10万台多い70万台まで引き上げる計画で、このうち26万台を軽でカバーする考え。2011年度の軽販売は16万台程度の見込みのため、今後3年間の増加分はまるまる軽で実現を目指す構想になっている。

   以前から軽の競争力低下に危機感を抱いてきたホンダだが、行動に移すのは鈍かった。背景には、軽が国内専用規格であり、世界中に新商品を供給しなければならないホンダにとって優先順位が低かったこと、2008年のリーマンショックで予定が狂ったことが挙げられる。このとき、子会社である八千代工業の軽新工場建設計画は白紙に戻り、新型車開発も中断した。

12年春までに軽の新型2車種を投入する計画

   ホンダの軽強化が遅れるなか、4年サイクルでフルモデルチェンジを行うダイハツの勢力はますます強まり、スズキも持ち前の販売力と手堅い商品構成で対抗。スズキ、三菱自動車から車両供給を受ける日産自動車はホンダの背後をうかがうまでシェアを伸ばした。

   さらにはトヨタ自動車がダイハツからのOEM(相手先ブランドによる生産)調達で2011年秋に軽市場に参入、日産と三菱自が軽開発合弁で合意と、ホンダの軽の存続が危ぶまれるほどの状況にまでなってきた。

   ホンダは2012年春までに軽の新型2車種を投入する計画だ。燃費改善のためのCVT(無段変速機)を初めて設定し、エンジンも一新する。販売体制では、軽を得意としたプリモ店を廃止し、ホンダカーズ店に一本化した影響で低下した販売力を高めることも課題になる。フィットがプリウスから首位を奪ったことにも表れているように、ホンダのブランド力は高い。今度は軽でホンダの本気度が試されそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中