「涼宮ハルヒ」4年ぶりの新刊 早くも予約殺到、アマゾンで1位

印刷

   アニメ化もされて大ヒットした谷川流さんのライトノベル『涼宮ハルヒの憂鬱』の続編が2011年5月25日に発売される。ファンにとっては4年ぶりとなる待望の新刊だが、アマゾンでは早くも1位になっている。

   「涼宮ハルヒ」シリーズは03年に第1作が角川スニーカー文庫から発売。不思議なものが大好きな女子高生・涼宮ハルヒが、主人公の男子高校生・キョンらと学校非公式サークル「SOS団」を結成し、メンバーの宇宙人や超能力者とドタバタを繰り返すというストーリーだ。発行部数はシリーズ累計650万部にも上る。

08年から発売延期が繰り返される

発売前なのにアマゾンで1位。
発売前なのにアマゾンで1位。

   06年にはアニメ化もされ、各種関連グッズがバカ売れするほどの大ヒットを記録。2010年に劇場版も公開され話題を呼んだ。

   一方、原作のライトノベルは、07年春に9刊目となる『涼宮ハルヒの分裂』が発売。同作では、ハルヒのライバル的キャラクターが登場し、新展開が期待されたものの、08年から何度も新刊発売が告知されては延期が発表されるという繰り返しだった。

   ネットでは「ストーリーが複雑になり過ぎて収拾がつけられなくなった」といった書き込みや、作者・谷川さんの安否を心配する声まであがっていた。しかし、10年12月末、雑誌『ザ・スニーカー』(角川書店)の11年2月号で新刊『涼宮ハルヒの驚愕(前・後)』が11年5月25日に発売されると発表された。

   1月29日には初回限定版の内容が明らかに。64ページの特別小冊子などが付属するという豪華なもので、同日から予約を開始したのだが、早くも予約が殺到している。

中国、台湾、韓国でも同時発売

   アマゾンでは、2011年2月16日現在、作家・西村賢太さんの芥川賞受賞作『苦役列車』などを抑えて書籍のランキングで1位。最近では、俳優・水嶋ヒロさんの処女小説『KAGEROU』が発売前から1位となっていたが、『涼宮ハルヒ』のように、発売3が月前で1位というのは異例だ。

   角川書店は予約開始を告知するために、1月29日から2月5日にかけて同作のキャラクターが描かれた大型トレーラーを秋葉原や池袋などで走らせた。ネットには、そのときのトレーラーを撮影した画像が多数アップされており、「生で見たかった」「他の作品とは金のかけ方が違うな」といった書き込みが寄せられている。

   また、中国や香港、台湾、韓国でも同時に発売することが2月10日に発表された。中国のネットメディアも報じており、中国語圏のネット掲示板には「同時発売って涙が出るな」「嬉しいんだけど、これまでのストーリー忘れちゃったよ」といったものが寄せられていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中