「マイアミバーガー」は日本独自なのか ドイツ、北欧で「類似品」出ていた

印刷

   日本マクドナルドが期間限定商品として発売した「マイアミバーガー」。メキシコや米国南部の料理として人気のタコスをハンバーガーに取り入れている。

   しかし、類似のメニューが既にドイツやフィンランド、スウェーデンといった欧州諸国のマクドナルドで販売されていた。マイアミバーガーは、外国のバーガーを参考に開発されたのだろうか。

フェースブックにスウェーデン語でファンページ

タコスのバーガーはドイツが先だった(写真提供:McDonald's Deutschland)
タコスのバーガーはドイツが先だった(写真提供:McDonald's Deutschland)

   ハンバーガーの定番である牛肉とチーズの上にチーズやレタス、さらにトウモロコシを原料とした「トルティーヤ」のチップスやタコスミートを挟み、味付けはトマトチリソース。2011年2月3日に全国で発売開始されたマイアミバーガーは、見るからにボリューム感たっぷりだ。

   新製品なのだが、実は海外のマクドナルドでも似たようなバーガーがすでにお目見えしていた。ドイツのマクドナルドでは既に、「ナチョビーフバーガー」という名のハンバーガーが販売されていた。現在、ドイツのマクドナルドのサイトにこのメニューは見当たらない。マクドナルド・ドイツの広報に取材すると、「キャンペーン商品として、2009年11月9日から10年1月10日まで販売していました。2011年の販売は予定していません」という。また、中身は牛肉やトマト、レタス、トルティーヤチップスで唐辛子風味の「メキシカンソース」を使っていたと説明した。

   類似商品はドイツにとどまらない。北欧のスウェーデンやフィンランドでも、「エル・ナチョ」という名のタコス味のバーガーが販売されていた。肉は鶏肉と牛肉の2種類あるが、いずれもレタスやトルティーヤが乗っているのは同じだ。ただしこちらはサルサソースとサワークリームを使用。マイアミバーガーとは微妙に異なる味付けになっている。

   エル・ナチョも期間限定商品だったようで、交流サイト「フェースブック」にはファンが集まって、スウェーデン語で「エル・ナチョを残してほしい」というページまで開設された。ファンのページは複数見られ、中には「エル・ナチョは神がおつくりになったものだ」との書き込みも登場し、根強いファンが多い様子をうかがわせる。

ドイツのナチョビーフバーガー「知らなかった」

   仮にマイアミバーガーが、ドイツやスウェーデンで売られていたバーガーを参考にしたものだとしても、同じマクドナルドの製品だけに問題とはならないだろう。しかし、日本マクドナルドに問い合わせたところ、マイアミバーガーを発売する前にドイツでナチョビーフバーガーが販売されていたことは「知らなかった」(マーケティングPR部)そうだ。あくまでもマイアミバーガーは「日本オリジナル」との主張だ。

   一方で、海外のマクドナルドでヒットしたハンバーガーを、日本で新メニューを開発する際の参考にするケースはあるという。ただし、実際に商品化されるケースはあまりなく、これまで実現した例も「メガマック」くらいだと日本マクドナルドでは説明する。また、タコスの本場メキシコや米国では、マイアミバーガーのようなメニューはなく、今後現地の店が販売するかについては「今のところ予定はありません」とのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中