小向容疑者取り巻く男の素性 IT会社社長、友人、愛人?

印刷

   タレントの小向美奈子容疑者(25)がフィリピンで若い男性らと同行したり面会したりしていると、テレビが盛んに報じている。一体、どんな男性たちと何をしているのか。

   テレビ朝日のスタッフが近づくと、ややふっくらした体格の小向美奈子容疑者は、逃げるように車道を渡っていく。そばには、なぜかビデオカメラを手にした若い男性がぴったりくっついている。

「インターネット関連会社社長とも面会」

最近はほとんど更新なく
最近はほとんど更新なく

   「邪魔だよ!」。この男性がこうつぶやくも、2人はスタッフの質問には無言で歩き続けた。小向容疑者は、一度だけ笑みを浮かべると、そのまま2人でタクシーに乗り込んだ。

   覚せい剤譲り受けの疑いで逮捕状が出ている小向容疑者が、フィリピンにいるとの情報が伝わって以来、連日、日本のテレビ局が現地で取材合戦を繰り広げている。テレ朝が2011年2月11日にキャッチしたスクープ映像は、そんな中で生まれたものだ。

   その後も、今度はフジテレビが15日、知人だという都内のインターネット関連会社社長(41) が前日夜にマニラ市内のホテルで小向容疑者と面会したと報じた。この社長は、自分のマイレージを使って、小向容疑者にフィリピン行きのチケットを渡したといい、自らも12日にマニラ入りしたという。

   また、TBSは、小向容疑者のフィリピン行きに同行していた男性がおり、1月25日にはフィリピンを離れたと報じている。

   こうした取材合戦に刺激されたのか、フィリピン紙も、小向容疑者の動向に関心を持ち始めた。大手のマニラ・ブレティン紙は2月15日、フィリピンで活動しているヤクザに小向容疑者がかくまわれているなどと伝えた。

   小向容疑者は、現地のフィリピン人女性とも一緒だったとも報じられており、情報が錯綜しているようだ。

面会したのも、実はAV関係者??

   小向美奈子容疑者に同行したりしていた男性らについては、事務所のマネージャー、スタッフの友人、愛人など様々な説が流れている。

   ふっくらとしていたのは、小向容疑者が妊娠しているからではないかとの指摘も出ており、愛人とも一緒にいる可能性があるというのだ。

   一方、東京スポーツは2011年2月16日、小向容疑者はフィリピンでAVの撮影をしていたという仰天情報を報じた。

   記事では、AV関係者の話として、「同行しているのもAV関係者」だというのだ。同行男性がビデオカメラをずっと回していたのも、AV挿入用風景を撮っていたためではないかという。小向容疑者がホテルで面会したのも、インターネット関連会社社長ではなく、AV関係者とみられるとしている。

   こうした情報は、どこまで本当なのか。

   小向容疑者のDVDを出している東映ビデオでは、テレ朝が映した同行男性について、「事務所には、社長ともう1人スタッフがいますが、男性は、どちらでもありませんでした。その知人の可能性はありますが、見たことがない人です。(小向容疑者には)独自の交友関係があるようですよ」と話す。事務所は10年10月に事実上解散しており、所属タレントとしてそれ以降の活動はないという。

   とはいえ、AV関係者との証拠は出ていない。小向容疑者の別のDVDを出しているAV販売会社のソフト・オン・デマンドでは、「うちは関わっていませんし、AVの撮影はないのではないかと思います」と言っている。

   なお、日本テレビでは、フィリピン当局が独自判断で15日に小向容疑者を事実上指名手配したと報じている。延長ビザの期限が切れる3月21日までには、何らかの動きが出る可能性がありそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中