「至るところで銃撃戦」「5時間で70人死亡」 ネットが生々しく伝えるリビアの「内戦」

印刷

   北アフリカのリビアで続く反政府デモが、激化の一途をたどっている。政府側は「内戦の危機にある」と警告、徹底抗戦の構えだ。外国人がリビアに入国するのは従来から難しく、国外メディアは全くといっていいほど現地入りできていない状況が続いている。だが、ユーチューブやツイッターで、「至るところで銃撃戦が起こっている」「道を歩く人が、遺体を回収している」といった、緊迫した状況が伝えられている。

   エジプトやバーレーンでの反政府デモがリビアに飛び火したのが2011年2月16日。カタールのテレビ局「アル・ジャジーラ」などが伝えたところによると、北東部都市ベンガジでは、銃撃戦の末、すでにデモ隊が支配下に置いている。

「リビアは内戦の危機にある」

   デモは西に向かって拡大しており、2月20日には首都トリポリでもデモが発生。2月21日未明には、最高指導者カダフィ大佐の次男セイフ・アルイスラム氏が国営テレビで演説し、

「リビアは内戦の危機にある」「(現体制の)最後の1人になるまで戦う」

と、デモとの対決姿勢を鮮明にした。

   これと前後して、首都トリポリの様子が、ツイッターなどで次々と伝えられている。ユーチューブに2月20日に投稿された、トリポリで撮影されたとされる動画では、夜間に銃声が鳴り響くなか、デモ隊が何らかのスローガンを叫ぶ様子が収められている。

   また、ツイッターでも、現地の様子が続々と伝えられている。「#Tripoli」「#Libya」といったハッシュタグでは、BBCやアル・ジャジーラ、UAEのアル・アラビヤといったテレビ局が報じた内容が大量に流れているほか、トリポリから電話で送られてきた目撃者の音声ファイルをツイッター上で公開している利用者もいる。

   サイト上では、国営テレビの演説に対して

「単なる脅しだ」
「今起こっていることを過小評価している」

と批判する声や、トリポリ中心部にある「緑の広場」での出来事が、生々しく紹介されている。

「道を歩く人が、遺体を回収している」

「東から西まで、街中のみんなが『反カダフィ派』だ」
「3000~4000人が緑の広場を占拠している」

と、やや高揚しているように見えるものもある。ただ、治安部隊はデモ隊に強い姿勢で実力行使に及んでいる様子で、

「目の前で、1人が頭を撃たれて死亡。2人が負傷」
「デモ隊に対して、対空機関砲が使われている」
「政府が、病院で死傷者の氏名を調べている。理由は不明」
「道を歩く人が、遺体を回収している」

と、被害状況を伝えている。

   米人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」は、2月20日の時点でリビア国内の反政府デモでの死者が233にのぼっているとみているが、2月21日には、

「この5時間で、トリポリ医療センターには少なくとも70体の遺体が運ばれてきた」

との書き込みもある。今後、犠牲者の数が大幅に増えるのは確実だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中