マジコン提供に罰則適用へ 政府審議会が法改正方針

印刷

   不正コピーのゲームを使用できる「マジコン」の提供に対して、刑事罰が課される方向になった。経産相の諮問機関である産業構造審議会の知的財産政策部会が2011年2月21日、不正競争防止法改正に向けてまとめた報告書で明らかになった。報道によると、政府は、3月上旬にも改正法案を閣議決定して今国会に提案する意向だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中