アルツハイマー型認知症に「貼り薬」 厚労省が初の承認へ

印刷

   アルツハイマー病型認知症の治療薬が続々と発売されるなかで、からだに「貼る」タイプの治療薬の製品販売が、国内で初めて承認されることになり、早ければ2011年夏にも発売される見通しになった。2011年2月21日に開かれた厚生労働省薬事・食品衛生審議会の医薬品第1部会で了承されたことで、審議会の正式承認を待つ。

   「貼り薬」なので、これまで薬が飲み込めなかったり、薬を飲むことを嫌がったりする患者にも、飲み忘れることなく治療できるようになる。また、貼り替えが1日1回で済むため、介護する人の負担軽減にもつながると期待されている。

認知症の治療薬は国内4例目

今度は「貼り薬」。認知症治療に朗報(写真は、ノバルティスファーマのホームページ)
今度は「貼り薬」。認知症治療に朗報(写真は、ノバルティスファーマのホームページ)

   今回の「貼る」治療薬(経皮吸収型)は、ノバルティスファーマ(東京都)が「イクセロンパッチ」、大阪市の小野薬品工業が「リバスタッチパッチ」の製品名で売り出す。薬効成分はいずれも「リバスチグミン」で、両社が共同開発し、2010年3月に厚労省に申請していた。

   承認までに約1年かかり、アルツハイマー型認知症の治療薬としては国内で4例目となる。ただ、同様の薬は、海外ではすでに81か国で承認されているので遅いくらいだった。

   背中や腕、胸などに貼ることで、皮膚からアセチルコリン分解酵素阻害剤を徐々に吸収し、血液をめぐって脳内の記憶伝達物質の分解を防ぐという。ノバルティスファーマは「禁煙に使うニコチンパッチと同じ要領なので、からだに貼るだけ」と説明する。

   主に軽度と中等度の認知症患者を対象としている。

「物忘れ」引き起こす物質を減らす

   アルツハイマー型認知症の治療薬は2010年秋以降、急ピッチで承認が下りている。中等度と高度の患者用として認められたのが第一三共製薬の「メマリー」。軽度と中等度用としてはヤンセンファーマの「レミニール」があるが、いずれも経口薬だった。

   それまで処方されていた薬は、エーザイの「アリセプト」だけ。アルツハイマー型の症状である「物忘れ」を引き起こす原因は、記憶機能に関係ある「アセチルコリン」という物質が減少することにある。その「アセチルコリン」を、薬の主成分である「塩酸ドネペジル」で、間接的に増やして進行を抑えようというのだ。

   今回の「貼り薬」は「リバスチグミン」の成分によって同様の効能が期待されている。経口薬に「貼り薬」が加わり、医師も処方の選択肢が広がることになる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中