深刻化する中国の「年齢さば読み」 卓球選手の90%以上が手を染める

印刷

   オリンピックでも上位入賞するなど「卓球王国」として知られる中国の卓球界に、「年齢詐称疑惑」が持ち上がった。ここ数日、中国メディアが相次いで報じている。不正の歴史は30年以上に及び、「さば読み」に手を染めている選手の割合は、全体の9割にのぼるという指摘もある。

   2011年2月には、女子フィギュアスケート選手の年齢詐称疑惑が報じられたばかりで、中国のスポーツが構造的に抱えている問題だとも言えそうだ。

活躍中の選手が世代交代防ぐため「さば読み」

   広州日報では2011年2月24日、「内部事情に詳しい人」の、こんな話を紹介している。

「卓球選手の90%が年齢を変えている。(クラスメイトの)M選手とW選手の小学校時代の書類を調べたら、現在公開されている資料では、きっと年齢が一致しないはずだ。後にM選手は活躍するようになったが、元々の資料より1歳若くなっている」

   「勝ち負けが全て」の世界では、本来ならは年齢を詐称する必要はないはず。90%が年齢を詐称というのは、仮に本当であれば、異様な話だ。なぜ、そのようなことをする必要があったのか。この関係者は、このように説明している。

「だが、M選手は後に、1歳しか年齢を修正しなかったことを後悔するようになった。今のメディアの関心事は、『古株がいつ引退して、新しい人にバトンタッチするか』。最初に多めに年をごまかしていれば、この問題に煩わされることはなかっただろう」

   では、M選手は、なぜ1歳しか、さばを読まなかったのか。同紙の記事では、「事情通」が背景を解説している。

「M選手が小さいときは、どれだけ有望かが分からなかったので、監督は重視しておらず、1歳だけ改めさせた。だが、後にM選手が大活躍。この時点では、再び年齢を改めるのには間に合わなかった」

   すでに活躍している選手が、既得権益を守るために「さば読み」を行った、というのが実際のところのようだ。

サッカーなどスポーツ界で幅広く行われている

   さらに同紙では、

「『さば読み』は、中国のスポーツ界の大きな特徴。サッカーだけではなく、いくつかの金メダルを取るような種目も例外ではない。国家スポーツ局も、選手の年齢の管理を強化しており、競技団体のトップも、さば読みを非難している」

とも分析。「さば読み」行為は、スポーツ界で幅広く行われていることを伺わせる。その上で、同紙では

「この問題は深刻で、新たな世代に活躍の場を返さなければならない」

と、公正な形で世代交代を行うことを求めている。

   そんな中、長春晩報が2月25日に報じたところによると、中国卓球協会は、青少年向けの卓球大会で悪質な年齢詐称が見つかった場合、違反チームの参加資格を取り消す方針を打ち出したという。

   11年2月には、トリノ五輪銀メダリストを含む9人の女子フィギュアスケート選手にも年齢詐称疑惑が浮上。大会出場資格がないまま出場していた可能性も指摘されていたが、中国スケート協会は

「大会出場時の年齢が本当で、ウェブサイトに公表されている年齢が誤りだった。データ管理が不十分だった」

などと釈明していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中