JALが復活「鶴丸」1号機披露 「原点にもう一度帰る」とアピール

印刷

   会社更生手続き中の日本航空(JAL)は2011年2月28日、11年度から順次導入される「鶴丸塗装機」の1号機を報道陣に公開した。鶴丸デザインが同社機に復活するのは08年5月以来、約3年ぶり。「新しいJALを創っていく気持ちで制定した」(大西賢社長)と、新デザインで再建をアピールしたい考えだ。

   鶴丸は1959年に登場、旧日本エアシステム(JAS)と統合するまでの02年まで採用されていた。その後は現行のデザインにじょじょに切り替わり、08年6月には完全に姿を消していた。

「新生鶴丸」は字体も変更してスピード感出す

みぞれと強風の中、空港関係者が「鶴丸1号機」を見送った
みぞれと強風の中、空港関係者が「鶴丸1号機」を見送った

   かつての鶴丸マークと比べて、「新生鶴丸」は、翼の部分の切れ込みが深く太くなり、「JAL」の字体もゴシック体に変更してスピード感を出した。鶴丸デザインが正式に採用されるのは11年4月からで、機体の塗り替え時期に合わせて、じょじょに更新する。

   大西賢社長は、

「ジャパンブランドを掲げる企業として生きて行きたい。そういう意味で、タンチョウをモチーフにする鶴丸を新たに掲げさせてもらう。元々、鶴丸をJALが掲げた際は、国際線に進出し、ジェット機を迎え入れて新たな道を歩み出すという、会社にとって創業の時代。このような初心・原点にもう一度帰ろうということで鶴丸を掲げた。新しいJALを創っていくんだという気持ちで制定した」

と感慨深げだった。

   この日お披露目されたのは、ボーイング767-300ER型機(234人乗り)。国際線向けに新たに購入され、主にアジア路線で活躍する予定だ。2月28日午後には、「鶴丸」にちなんでツル鑑賞ツアー専用機として運航された。

3月中に追加出資の引き受け先や金額を発表

   羽田空港周辺にみぞれが降った関係で翼に着氷したため、除去作業で出発が遅れるトラブルがあったものの、15時過ぎに213人の乗客を乗せて釧路空港(北海道)に向けて飛び立った。

   なお、記者会見では、10年4月から11年1月の累計で約1685億円の営業黒字(連結ベース)を計上したことが明らかにされる一方、稲盛和夫会長が創業した京セラなどが新たに出資を検討しているとされる件については、

「追加出資は、あくまで私募で集めているもの。一般的な情報開示をしながら集めているようなものと違う」(瀬戸英雄・企業再生支援委員長)

としてコメントを避けたが、3月中に引き受け先や金額を発表する考えを示した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中