石原都知事「姿消す」発言  それでも分らぬ「真意」

印刷

   告示まで1か月を切った東京都知事選に関して、石原慎太郎都知事が4選出馬について後向きと受けとれる発言をテレビでした。一方で、朝日新聞などの不出馬報道を受け、「逆に都知事を続ける気になった」との指摘も出ている。「石原氏が出ないなら立候補する」という姿勢の立候補検討組もいるようで、石原氏の去就にあらためて注目が集まっている。

   「同じことを、人間、何回もやっちゃだめなんだ。人心もうんでくるしさ。やってる当人だってだれてくる」。石原氏は2011年2月27日、「新報道2001」(フジテレビ系)に中継生出演し、「ズバリ、都知事選とかってどうなるんでしょう」との質問にこう答えた。

「サーっと姿消すのがいいじゃない」

   さらに、石原氏の「不出馬の意向」を報じた新聞記事について聞かれた際には、「(記事を)見ましたよ」と話した後、「うん、もういいよ、もう。何だかんだ言われながらサーっと姿消すのがいいじゃない。鞍馬天狗みたいに」と後半、少しにやっとしながら話した。

   この石原発言については、朝日新聞が「引退示唆」と報じるなどしている。時事通信は2月27日夕、「石原氏『不出馬』にじます」と報じたが、記事では「ただ、都議会与党の自民党などが出馬するよう説得を続けており、最終的な判断までに曲折も予想される」と指摘している。

   2月22日付夕刊で朝日新聞と東京新聞が、石原氏の「不出馬意向」を報じた後も、不出馬説一色に染まっているわけではない。

   2月18日付朝刊で「石原氏 出馬の方向」と1面トップ(東京最終版)で報じた毎日新聞は、25日付夕刊「特集ワイド」の中で、22日の朝日などの報道に触れつつ、自民党の谷垣禎一総裁が「ガセネタでしょ」「(長男の石原)伸晃幹事長が否定したと聞きましたよ」と「周辺に話した」と書いた。石原知事3男の宏高・前衆院議員がノーコメントと前置きしつつ、「(不出馬)報道は誰が出るかを見極めるための呼び水かもしれない」と分析したことも伝えている。

「7対3くらいで石原氏は出馬」と睨む記者も

   2月28日に首都圏の書店などに並んだ週刊現代最新号(3月12日号)でも、「先の不出馬情報で逆に都知事を続ける気になったという見方もある」と指摘している。記事の中で、「都政担当記者」が、「不出馬説リーク」について、「石原氏の出方待ちの東国原(英夫・前宮崎県知事)氏が出馬を決意する。それでいいんですか、と石原氏の尻を叩こうという狙いもあった」と解説している。この記者は「7対3くらいで石原氏は出馬すると睨んでいます」としている。

   開会中の都議会が3月11日に最終日を迎えるため、「10日か11日あたりに石原氏が態度を表明するだろう」との見方が強まっている。

   都知事選は3月24日に告示され、4月10日に投開票される。これまでに共産党政策委員長の小池晃氏と居酒屋チェーン「ワタミ」創業者の渡邉美樹氏が会見を開いて立候補を表明している。ほかに、東国原氏らの立候補の可能性が取りざたされている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中