「男って寝てみないとわからない」  AKB48が下ネタセリフ連発

印刷

   AKB48のメンバーが出演する連続ドラマ「桜からの手紙 AKB48それぞれの卒業物語」が話題だ。まだ中学生のメンバーもいるのに、際どい設定で下ネタセリフを連発。ネットでも大きな話題になっている。

   2011年2月26日から9夜連続で放送される「卒業」をテーマにした学園ものドラマで、AKBのメンバーが本人名役で出演している。

「上手いって自慢する男に本当に上手いやつっていないんだよね」

   大島優子さんや柏木由紀さんら主要メンバーを主役にしたエピソードが毎回少しずつ放送されていくという形式なのだが、27日放送の第2回が話題だ。

   この日は3つのエピソードが放送され、1つめが「イケテル板野」。合コン大好きで男性経験豊富という設定の板野友美さんが、友達役の河西智美さんや高城亜樹さんらに男性との付き合い方を教えるという話だった。

   冒頭から「男って寝てみないとわからないじゃん」「上手いって自慢する男に本当に上手いやつっていないんだよね」「感度が大事」などと際どいセリフを板野さんが連発。彼氏と上手くいかなった仲川遥香さんを指導するため、板野さんが仲川さんの胸を鷲づかみにするシーンもあった。

   2つめが「陽菜、ママになる!?」というエピソードで、こちらも強烈だ。

中学生の奥真奈美が中絶経験者役

   小嶋陽菜さんが彼氏の子どもを妊娠してしまい、中絶手術を受けようとする話。実際にはまだ中学生の奥真奈美さんが、中絶経験者として「保険きかないから高いじゃん。13万もかかったよ。子供堕ろすにも、生むにもお金かかるの、この国は」と小嶋さんにアドバイスしたり、お金がない小嶋さんのためにクラスメートが中絶費用をカンパするシーンもあった。

   ネットでは2ちゃんねるを中心に話題沸騰。板野さんの話については「アイドルにこんなこと言わせるなんて…」「板野ビッチワロタ」「親と観てて気まずい」といった感想が多数見られる。アイドルを中心にしたドラマで、まさかの下ネタ連発に驚いた人が多かったようだ。

   中絶経験者として登場した奥さんは、高校進学を機に4月でグループを脱退することが発表されている。そのため、「奥はあの役やらされて脱退を決意したのか」といったうがった見方も出ていた。

   賛否両論はあるものの、2ちゃんねるへの書き込みは一晩で数千件。深夜帯のドラマとしては異例だ。ドラマは3月6日までの放送で、今後、前田敦子さんや渡辺麻友さんらのエピソードが明らかになっていく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中