氣志團の衣装、ナチスそっくり ユダヤ人権団体が抗議

印刷

   人気ロックバンド「氣志團」のテレビ衣装がナチス・ドイツ親衛隊(SS)の制服に似ていたとして、米国のユダヤ人人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は2011年2月28日、番組を放送したMTVジャパンに抗議したと発表した。

   同センターサイトに掲載されている声明文によると、23日にMTVで放送された番組の中で、氣志團のメンバーがSSのような制服を着ていた。「日本以外の文明国では許容されることはない」とし、MTVと氣志團のほか氣志團の所属するソニー・ミュージックアーティスツなどに抗議書を送付したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中