原油高騰「3日で3億稼いだ」 26歳サラリーマン「釣り」なのか

印刷

   混沌とするリビア情勢をきっかけに原油価格が高騰。そうした中で、原油の先物価格を指標とするCFD(差金決済取引)で3億円を稼ぎ出した個人投資家が現れ、ちょっとした騒ぎになった。

   投資家は自称26歳のサラリーマン。「三日で3億稼いだけど質問ある?」と、インターネット掲示板に投稿。20億円に到達したら取引をやめて、欧州の城を買いたい、とも書いている。

   親や彼女から借金をして3300万円の元手をつくり、それを50倍のレバレッジをかけて原油CFDに投資した。

「理論的には可能ですし、問題はありません」

   掲示板に公開された「日本円の口座明細」には「3億2234万8991円」の数字が並び、その「証拠」として取引履歴も公開されている。ただ、本人かどうか確認はできていない。

   当初は、デモンストレーション用の画面ではないかと推測されたり、26歳の個人がそんな大金を動かせるかと、「釣り」と疑われたりされたが、その男性が取引しているというIGマーケッツ証券によると、「具体的な取引についてはわかりませんが、理論的には可能ですし、問題はありません」と話す。

   原油CFD取引について、IGマーケッツ証券は未成年者や一部の高齢者は取引できないが、口座開設時に年収や資産を申告してもらって審査し、それが通れば基本的には誰でも取引できる。「取引金額やレバレッジの多寡、また法人・個人を理由に投資を制限することはない」という。

   ただし、1回の投資金額が数億円になるなどかさむと、マーケットの状況によっては「弊社がリスクを負えなくなるので、取引を一時的にできなくすることはあります」と説明する。

   CFD取引は、投資家から「買い」の指示があると業者が一たんそれを引き受け、反対取引(売り)をする相手にはめ込むことで成立する。「原油先物は取引が多く流動性が高い市場のため、取引ができなくなる機会も少ない」。

   男性は取引をくり返し、19勝1敗の成績だった。話の信憑性はともかく、「こんな騒ぎは初めてですね」と、IGマーケッツ証券は話している。

過去に「釣りスレ」がばれていた?

   一躍脚光を浴びた男性だが、2011年2月28日朝、「1万100円付けていたので、思わず決済しちゃいました…」と報告。「1万300円」を付けたら、目標だった20億円を達成していたが、相場の動きを見てやめたとしている。

   ところが、同日午後に再び「釣り」ではないかとの指摘が広まった。しかも、男性は過去に「釣りスレ立ててばれていた」という「前科」があったとされる。今回公開していた取引履歴が前回のときと「同じ紙を使っていたから」という。

   ドル円為替の影響を受けるので、ポジションを維持する証拠金が1万5000円ではないことがIGマーケッツ証券のホームページからわかったり、ここ数日の急な円高で、儲けたとされる18億円も「あやしい」とみられた。

   真相は定かでないが、ネットからは「30歳無職の俺を夢のある話で現実逃避させてくれたよ…」「釣りだろうが本気だろうが関係ない ただその状況を楽しめればおk」と、そんな声が漏れてくる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中