ロシアが北方領土にミサイル配備か 北海道の一部射程内の可能性

印刷

   ロシアが北方領土に巡航ミサイルなどを配備する計画を進めている可能性が出てきた。同国のインタファクス通信が2011年3月1日に伝えた、と新聞各紙が報じた。

   それによると、ロシア軍参謀本部高官が同日、対艦巡航ミサイル「ヤホント」や対空ミサイルシステム「トールM2」が配備される、と同通信に述べた。もし、北方領土に配備されれば、北海道の一部が射程内に入る可能性があるという。この高官はまた、対戦車ミサイルなどを搭載する攻撃ヘリコプターMi28が配備されるとも述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中