「40人が八百長」発言報道 本当なら関取の6割が手を染める?

印刷

   大相撲の八百長問題で激震第2弾の特ダネ記事が出た。「八百長メール」報道に続き、またも毎日新聞が、「竹縄親方が『約40人が八百長』と周囲に話している」と報じたのだ。「40人」という数字はなかなか刺激的だ。ちなみに前頭以上の幕内力士は42人、十両を含めた「関取」は計70人で、その6割が手を染めている、ということになりかねないからだ。

   毎日新聞の2011年3月2日付朝刊は、八百長関与を認めている竹縄親方が、「自分以外にも約40人の力士が八百長にかかわっていた」と「周辺関係者に話している」ことが分かったと伝えた。「現役三役力士の名を挙げ」「(日本相撲)協会の特別調査委員会にも実名を挙げて説明しているとみられ(略)」とも指摘している。

名前をどの程度具体的に挙げているのかはっきりしない

日本相撲協会はどう対応するのか
日本相撲協会はどう対応するのか

   さらに3月2日午前配信の毎日記事(電子版)では、朝刊報道を受け、ある中堅親方が「40人? 事実だとすれば、関取の6割ぐらいが、そういうことに関わっていたことになるのか…」と「ため息をついた」とも報じている。

   毎日記事を読む限りでは、竹縄親方が、06年初場所で付け人から八百長を持ちかけられたとする「現役三役力士」以外の名前をどの程度具体的に挙げているのか、はっきりしない。「約40人」には関取だけでなく幕下以下も含んでいるのか、なども分からない。「関取の6割」という可能性は、「約40人」がほぼ全員関取だった場合の計算だ。

   ちなみに八百長メール問題が最初に出た際の「疑惑13人」の内訳は、幕内4人(横綱・三役は含まれず)、十両4人、幕下以下・引退力士(元三役含む)5人だった。

   また、「約40人」には引退力士も含まれている可能性があるが、竹縄親方は06年初場所で持ちかけられたのが「初めて」と話したとされており、時期的にみると「約40人」には現役力士が相当数含まれていると考える方が自然のようだ。竹縄親方は2011年1月の初場所まで現役だった。

   毎日報道について、竹縄親方は3月2日11時ごろ、自宅近くを歩いているところを報道陣に囲まれて取材を受けたが、竹縄親方は無言を貫いた。

「『そんなこと言ってない』と本人から聞いた」

   一方、竹縄親方の師匠、春日野親方は3月2日午前、竹縄親方に毎日報道について確認したところ、「『そんなことを言ってないのに書かれた。他の誰にも言っていない』と話していた」と説明を受けたと記者らに話した。共同通信などが伝えた。

   「約40人」報道はともかく、八百長メール問題を受けた「疑惑14人」(当初から1人増える)以外にも八百長関係者がいそうだ、という報道は他社も伝えている。

   例えば朝日新聞は2月15日、八百長関与を認めている3人(編注:竹縄親方もこの1人)のうちの1人が、「(メール問題を受けて疑惑を持たれている)14人のほかに具体的に複数の現役力士名を挙げ、『八百長にかかわった』と(調査委に)証言している」ことがわかったと報じている。

   3月2日付夕刊(東京最終版)で毎日の竹縄発言報道を追いかけた全国紙はなかった。一方、共同通信は2日昼頃の配信ニュースで、春日野親方による「報道否定」見解を報じつつ、調査委との複数回の聞き取り調査の中で、竹縄親方が疑惑14人以外にも「(八百長)関係者が複数いることを示唆していた、と語る協会関係者もいる」と指摘した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中