若い女性に「泥棒!」と叫ばれ  犯人扱いされた68歳男性の悲劇的人生

印刷

   三重県四日市市のスーパーで68歳の男性が警官に取り押さえられた後に急死した。男性は財布を巡ってもみあい、若い女性から「泥棒!」と叫ばれた。ところが、財布は男性のものだった。この「事件」が不起訴に終わったのをきっかけに、女性が泥棒なのではないか、警察の責任が問われないのはおかしい、といった声がネット上にあふれている。

   2004年2月17日に起きたこの事件では、若い女性が「泥棒!」と叫んだのがきっかけだった。

94キロの警官が20分押さえつける

   当時68歳の男性は、2011年3月4日になって津地検四日市支部が公訴時効だとして不起訴にしたが、2人がもみあっていたのは男性の財布を巡ってと説明したと報じられた。

   同支部は、女性が叫んだ以外に証拠はないともしたため、2ちゃんねるなどでは、財布を盗もうとした女性が男性に見つかり、逃げようとして窃盗未遂の罪をなすりつけたのではないかといった疑問がくすぶっている。女性は2歳ぐらいの子どもを抱いていたが、「子連れなのも警戒心解くための常套手段ではないか」との指摘も出ている。

   当時の報道などによると、男性はジャスコ四日市尾平店で、飼っていたハムスターの餌を買うなどして、両手に買い物袋を持つほどになった。その後、ATMコーナーで年金を下ろし、電気代などが引き落とされる別の口座へ預けようとして事件は起きた。

   防犯カメラの映像によると、男性の背後に女性が現れ、男性の体を触るしぐさをした後、いきなり男性の胸をつかみ、叫びながら男性ともみあい始めたというのだ。買い物客らに捕まった男性は、万引き事件で店内にいた四日市南署員2人に制圧され、うち94キロも体重がある1人がうつぶせの男性に馬乗りになって、約20分間も押さえつけた。男性は嘔吐して意識不明になり、翌日に高度のストレスによる高血圧性心不全で亡くなっている。

警官の業務上過失致死罪は問わず

   こうした状況から、事件後4日経った2004年2月21日に四日市南署が男性は無実であると断定したと報じられた。しかし、女性が見つからなかったため捜査は継続され、時効が成立した翌日の11年2月18日に「実際に窃盗の事実があったかどうか分からなかった」との意見を付けて男性を書類送検していた。

   とすると、男性の財布を巡ってもめた女性が「泥棒」だったのだろうか。

   男性の妻(70)の代理人をしている成田清弁護士は、取材に対し、こう明かす。

「女性が犯罪者で、何か悪さをして、その隠蔽のため声を上げたのかもしれませんが、それは分かりません。あくまでも想像に過ぎませんから」

   女性が別の泥棒を勘違いした可能性については、否定的だ。

「現場には、この2人しかいませんでした。そもそも女性が叫んだ後にいなくなるのは、変でしょう。警察は捕まえている人が本当に泥棒なのか確認しないといけなかったですね」

   もみ合っていたのが男性の財布を巡ってであることは、当時から分かっていたという。

「警官が制圧中に、男性は別の警官に財布を見せたんですよ。その警官は財布を開けて男性の免許証を見たと言っていますが、20分間も女性を捜しに行っていました。見たというのはウソだったのか、それとも男性の財布と思いつかなかったのか…」

   ネット上では、警官の制圧について、過失があるのではないかという声が出ている。この点について、成田弁護士は、こう漏らす。

「刑事告発するつもりはありません。親族に警察の関係者がいてできないんですよ。気の毒ですよね」

   男性への制圧は、妻が三重県に損害賠償を求めた訴訟の1審判決で、限度を超え違法とされた。しかし、死因であることは否定され、現在は双方が控訴している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中