「誰がチャン・ジャヨンを殺したのか」 手紙に書かれた「性接待」疑惑の31人

印刷

   韓国の人気女優、チャン・ジャヨンさんが自殺してから2年。チャンさん自ら死に際して「所属事務所から性接待を強要された」と遺書に残し、韓国社会を揺るがした。そのチャンさんの手紙50通が新たに見つかったという。

   そこには改めて、無理やり性接待をさせられたという苦しい胸のうちが書かれ、かかわった人に向けて「復讐してやる」と恨みの言葉がつづられていた。一度は幕引きとなった「事件」だが、警察が再捜査に踏み切る可能性が出てきた。

「私に接待させた男たちは悪魔だ」

チャンさんの「手紙」を伝えるSBS
チャンさんの「手紙」を伝えるSBS

   故チャン・ジャヨンさんが生前、知人に送った50通、230枚に上る手紙を入手したのは、韓国のテレビ局SBSだ。2009年3月7日に自殺したチャンさんは、その遺書に「所属事務所から酒の席での性的な接待を強制された」と衝撃の告白をしていた。今回見つかった手紙はそれとは別で、2005年から死の直前までのものだという。SBSの「8ニュース」が伝えたところによると、手紙には「性接待から抜け出せない」と苦しみ悩むチャンさんの様子が書かれており、

「親の祭事のときにも接待をさせられた」
「私に接待させた男たちは悪魔だ」
「必ず復讐してほしい」

と、怒りと憎しみで埋め尽くされていた。日本テレビの情報番組「スッキリ!!」も11年3月8日の放送でこのニュースを取り上げ、韓国のスポーツ記者が、チャンさんが所属していた事務所を取材した内容を伝えた。その建物は、オフィスにもかかわらず1階にはワインバー、3階にはパーティールームやシャワー室、ベッドまであり、企業の役員が来てしばしば宴会を開いていたという。

   チャンさんが亡くなった後、韓国の警察はチャンさんの所属事務所の元代表を逮捕した。事務所で開いたパーティーで元代表がチャンさんを殴った容疑で、元代表もこれについては認めたが、性接待については一切を否定。2010年11月に暴行の罪で有罪判決が出たものの、性接待の真相は暴かれないままとなってしまった。今回の手紙の発見は、この一件を再び世に出したものとして注目されている。

SBS記者「手紙は必ず報道しなければと考えた」

   チャンさんの「手紙」の内容が報道されて以降、韓国の世論は事件の真相解明を求める声が高まっている。ツイッターには、「彼女(チャンさん)は搾取されて蹂躙されたんだ」「ジャヨンは誰に復讐したいんだろうか」など、投稿が絶えない。また手紙には、接待にかかわった人数が31人で、相手の職業まで書かれていたと報じられたため、ネットでは「犯人探し」のように、証拠がないままに具体的な企業名や氏名まで飛びかっている。

   ツイッターでは、「すぐに警察は、聖域なしに再捜査する必要がある」との声もあった。SBSによると、韓国の女性4団体が3月7日に記者会見を開き、チャンさんが09年に亡くなったときに徹底捜査を求めたにもかかわらずそうしなかったと警察を非難。そのうえで、今回の「手紙」の発見をきっかけに再捜査と「性接待」の実態究明、関係者の処罰を求めた。韓国の主要紙「朝鮮日報」によると、韓国の李貴男法相はチャンさんの自筆の手紙を入手、検討したうえで再捜査を開始するかどうか決めると述べたという。

   SBS(電子版)は3月8日、「誰がジャヨンを殺したのか」という記事を掲載。この件を担当してきた記者は、「チャンさんの手紙は、必ず報道しなければならないと考えていました」として、所属事務所の元代表や接待を受けたといわれる人たちを糾弾。「一人の若者の夢と魂を踏みにじりながら、罪悪感さえ感じない『悪魔たち』は、チャンさんの死に対する責任をとるべきだ」と厳しく断じている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中