韓国女優「性接待リスト」ツイッター流出 トップに朝鮮日報社長の実名記載

印刷

   2009年に自殺した韓国の人気女優、チャン・ジャヨンさんが書いたとされる手紙の中身が明らかになってきた。「性接待を強要された」と遺書に残したチャンさんが、接待に関係した31人の名前や職業を手紙に書き留めていたのだ。

   いったい31人は誰なのか。インターネット上には早くも「リスト」が出回り始めた。中には韓国の大手新聞社社長の名が記されていたという。

金融機関やIT企業、テレビ局のプロデューサー…

チャンさんの手紙について報じる朝鮮日報
チャンさんの手紙について報じる朝鮮日報

   チャンさんは2005年から亡くなるまで、現在収監されている男性に50通の手紙を送ったとされる。二人の関係の詳細は不明だが、報道によれば男性本人は「チャンさんの幼なじみ」と主張している。手紙には、女優業を続けるうえで所属事務所に「性接待」を強要されるチャンさんの苦しみとともに、当事者たちへの恨み、憎しみが綴られていた。

   2011年3月9日朝、韓国の警察は男が収監されている刑務所に赴き、チャンさん直筆と見られる手紙20通を入手した。今後は筆跡鑑定に回され、本物だと認められれば、一度は終結した性接待疑惑の真相究明について、警察は再捜査へと動き出す模様だ。

   この手紙には、チャンさんが性接待を受けさせられたという31人について、記述があった。「金融機関やIT企業、新聞社の幹部、テレビ局のプロデューサー、映画関係者」などで、どこで「接待」が行われたのかについても記されていたようだ。「スポーツ韓国」紙(電子版)によるとこの31人は、09年にチャンさんが自殺した直後に、何らかの関係があるのではと浮上した顔ぶれと重なる。当時警察の事情聴取も行われたが、誰が性接待を強要したのかを特定することはできず、最終的には全員不起訴処分となった。

   韓国のテレビ局SBSは、再三にわたって手紙のコピーの映像を流し、主要紙もウェブサイト上に画像を掲載しているが、具体的な所属や姓名までは明かしていない。ところがツイッターを中心に、31人の実名と所属先がリスト化され、流出しているのだ。出所は不明だが、最初に挙げられた人物は韓国の主要紙「朝鮮日報」の社長だった。

系列会社「スポーツ朝鮮」の元社長のこと

   これを受けて朝鮮日報(電子版)は3月9日、チャンさんが残した手紙に「朝鮮日報の社長」と書かれていることを認めたうえで、実際は同社の系列会社「スポーツ朝鮮」の元社長のことだと主張。そのうえで、元社長と、チャンさんが所属していた事務所の当時の代表が親しい間柄だったため、ソウル市内の中華料理店で元社長とチャンさんを引き合わせ、昼食を共にしただけだと疑惑を強く否定した。「朝鮮日報の社長」とあったのは、元代表がチャンさんに間違った肩書きで紹介したせいだというのだ

   さらに、09年にチャンさんが自殺した際、朝鮮日報の社長がチャンさんの遺族から告発されたが、嫌疑なしとされ不起訴処分となったことにも触れ、一部マスコミがいまだに朝鮮日報社長が「事件」にかかわった疑いがあるような報道をしていると批判した。とは言え、朝鮮日報への読者からの風当たりは強い。記事に対して160件を超えるコメントが寄せられ、中には「スポーツ朝鮮は朝鮮日報の関連会社。その元社長が(性接待に)関与しているのなら朝鮮日報も無関係でないはず」と厳しく追及する意見も書き込まれた。

   警察や検察へも厳しい目が向けられている。SBS(電子版)は3月8日付の記事で、チャンさんが告発した「性接待」の真相に切り込めず、「意図的に捜査の手を抜いたと思われても仕方がない」と辛口だ。社長が疑われた朝鮮日報は3月9日の社説で、チャンさんの自殺以後も芸能人の自殺が耐えない点を指摘し、性的な接待を強要する「闇の勢力が今も力を持ち続けている事実を証明するものだ」として、全容解明を訴えた。

   「中央日報」(電子版)の3月9日の社説でも、チャンさんの死直後の捜査は「声ばかり騒がしく、ミステリーは解けないまま」で終わったと非難。「検察と警察はこれ以上ためらう必要はない」と叱咤している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中