石原都知事「出る?出ない?」 報道は踊らされているのか

印刷

   結局、石原慎太郎都知事は立候補するのかしないのか。告示が迫る東京都知事選に関して、石原知事の進退予測がまだ揺れている。「不出馬」情報が多く流れる中、ここに来て「不出馬意向を再検討し、立候補の可能性が出てきた」との報道が現れた。石原氏が「揺れている」のか、単に報道が揺れているだけなのか。

   「石原知事、進退再検討 自民の説得受け」。朝日新聞は2011年3月10日付朝刊の社会面でこう伝えた。「(石原知事が)これまでの不出馬の意向を再検討し立候補の可能性が出てきたことがわかった」という。10日正午前のTBSニュースも同趣旨の情報を流した。

産経、読売「不出馬意向」、毎日「出馬の方向」

石原都知事(写真は11年2月撮影)
石原都知事(写真は11年2月撮影)

   朝日新聞は2月22日、夕刊で「石原都知事 不出馬の意向」「関係者に伝達」と1面(東京最終版、以下同)で報じた。東京新聞と同時の「特ダネ」の形で、以降、「石原都知事は不出馬」との見方が広がる流れをつくった形だ。

   産経新聞は2月23日付朝刊で「石原氏、4選不出馬」との見出しで、神奈川県の松沢成文知事に「(石原知事周辺が)後継候補として出馬を打診」とも伝えた。松沢氏は3月1日に都知事選への立候補を表明し、会見の場で「信念として(石原氏の)4選はないと感じている」と話したこともあり、「松沢氏が石原氏の後継含み」との見立ても広がった。産経新聞は3月10日付朝刊でも、「石原慎太郎都知事は不出馬の意向で正式な表明は11日」と書いている。

   読売新聞が夕刊1面で「石原氏4選不出馬 自民に意向伝達」と報じたのは3月3日だ。9日付朝刊の都知事選まとめ記事でも「石原慎太郎知事が11日に不出馬を表明するが、政党の対応が定まっていない」と「不出馬」路線で話を進めている。

   ほかにも例えば、「石原慎太郎氏が11日に4選不出馬を表明する見通し」(共同通信、3月7日)、「石原氏は不出馬の意向を固めている」(時事通信、3月9日)といった表現が都知事選関係記事の中で使われている。

石原氏出るなら出馬やめる顔ぶれも?

   一方、毎日新聞は2月18日付朝刊1面トップで「石原氏 出馬の方向」と報じた後、その路線で「踏ん張っている」形だ。3月9日付朝刊の都知事選関連まとめ記事「自民、石原氏へ要請継続」では、「最近は4選出馬に後ろ向きと受け取れる発言も目立つものの、自民都連は8日の役員会でぎりぎりまで出馬要請を続けることを確認した」としており、他社のような「不出馬意向を(石原氏が)固めている」という表現は依然出て来ない。

   もっとも、同記事では積極的に「石原氏は出馬する」とは書かれておらず、石原氏が2月27日に出演したテレビ中継で「さあっと姿消すのがいいじゃない」などと、「不出馬と受け取れる発言」(同記事)をしたことを他の類例も挙げて紹介している。「出馬路線」について、若干弱気になったのか、と読めなくもない。

   石原氏の心は不出馬と出馬との間で揺れているのか、それとも石原氏の方針は以前から決まっているが報道が踊らされているだけなのか。

   石原氏が、告示約2週間前の「『後出しじゃんけん』立候補表明」で初当選を果たした1999年の都知事選について、「石原氏は、少なくとも表明3か月前から立候補に向けて着々と準備をしていたが、表明直前まで『出馬しないのではないか』と周囲に思わせることに成功している」と明かす都内の経済団体関係者もいる。

   石原氏は、都議会最終日の3月11日に進退を表明する見通しだ。都知事選は3月24日に告示される。「石原氏が出馬すれば自分は勝てない」と踏んでいる立候補検討組もいるとみられ、石原氏の去就は都知事選候補の顔ぶれに大きな変化をもたらしそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中