都心の小学校では「防空ずきん」で下校始まる

印刷
グラウンドで防空ずきんをかぶって保護者を待つ生徒たち
グラウンドで防空ずきんをかぶって保護者を待つ生徒たち

   東京都千代田区六番町の番町小学校では、地震直後に授業を打ち切り、下校を始めた。交通機関が機能していないため、学校側は保護者に連絡し、保護者が迎えに来るなどして確実に帰宅できることが確認できる生徒から帰宅させている。16時頃、グラウンドには、防空ずきんをかぶった大勢の生徒が保護者の迎えを心配そうに待っていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中