都心の小学校では「防空ずきん」で下校始まる

印刷
グラウンドで防空ずきんをかぶって保護者を待つ生徒たち
グラウンドで防空ずきんをかぶって保護者を待つ生徒たち

   東京都千代田区六番町の番町小学校では、地震直後に授業を打ち切り、下校を始めた。交通機関が機能していないため、学校側は保護者に連絡し、保護者が迎えに来るなどして確実に帰宅できることが確認できる生徒から帰宅させている。16時頃、グラウンドには、防空ずきんをかぶった大勢の生徒が保護者の迎えを心配そうに待っていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中