福島第1原発で爆発音 「緊急事態」にツイッター投稿相次ぐ

印刷

   マグニチュード8.8という未曾有の大災害となった東日本巨大地震の影響で、福島第1、第2原子力発電所が被害を受け、政府は「緊急事態」を宣言した。

   第1原発では、原子炉を冷やす水が蒸発して水位が下がり、燃料棒の一部が溶けて放射性物質が一部外部に漏れ出す事態となった。「微量」との発表だが、予断を許さない状況が続いている。

半径10キロの住民に避難指示

   2011年3月11日に起きた大地震で、福島県にある東京電力の福島第1、第2原発は緊急停止したものの、緊急炉心冷却システムが動かなくなった。炉心を冷やす水が供給されず、炉心の水位が下がって燃料棒が最大1メートル70センチほどむき出しの状態となってしまったという。

   原発の運転が止まっていても、核燃料が熱を持っているため冷却できないと原子炉内は高温のままとなる。この状態が続けば、燃料棒が壊れて放射性物質が外に漏れ出す。菅直人首相は、第1原発から半径10キロ以内の住民に避難指示を出した。

   東電では、原子炉内の燃料棒を冷やすため2万1000トンの水を注入して対処に当たってきたが、経済産業省の原子力安全・保安院は12日午後2時過ぎ、核分裂によって発生する「セシウム」「ヨウ素」という放射性物質が第1原発の敷地内で検出されたことを明らかにした。燃料が溶け出すのを止められなかったと見られる。

   保安院は、万一放射線物質が外に放出されたとしても、半径10キロ以遠であれば安全性は保たれるとしている。また漏れた量や気象状況から見て、現時点で10キロの範囲を広げる必要はないと発表した。第1原発のある福島県大熊町では、12日午後2時半過ぎの時点で、住民3000人が隣の田村市に避難を完了、また1500~2000人の避難要請を受けているとNHKは伝えた。

   第2原発でも今後、同様の懸念がある。ここでは半径3キロ圏内の住民への避難指示が出され、隣接する自治体への移動が進んでいる模様だ。

「安否確認」求める投稿も絶えない

   ネット上では、福島原発の情報を求める声がやまない。ツイッターでは、刻一刻と「原発は大丈夫なのか」と不安の投稿が寄せられているが、「かなり危ないらしい」「いや大丈夫だろう」と錯綜している状況だ。

   現地と関係のある人からの投稿も見られ、

「福島大熊の叔父とは連絡付かず。叔父は問題の原発所員だから不安」
「広野町たかの病院が孤立してます。しかし、救助してほしいんですが、原発の放射能のために、外には出れない状態......」

などといった内容も見られた。原発周辺の福島県大熊町、双葉町、浪江町、富岡町の住民は避難指示の対象となっているため、そこに住む人と連絡が取れないといった「安否確認」を求める投稿も絶えない。

   その後、福島第1の1号機で爆発が発生し、煙が出て負傷者が出たと東京電力が発表した。午後4時半過ぎの映像を見ると、1号機と見られる建物の外壁が崩れて骨組みだけになっているようだ。ツイッターでは、「これ絶対ヤバい」「原発が...どうしようどうしよう。助けて」など、投稿が殺到状態となっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中