68歳カダフィ氏がシワ取り注射 その影響で顔の表情がこわばる?

印刷

   混乱の続くリビアの最高指導者、カダフィ氏(68)が、顔のしわを取るための美容整形施術「ボトックス注射」を受けているという報道が出た。表情が硬くなっているのはそのためだ、という見方がでているが、そんなことはあるのだろうか。

   仏誌「ルモンド」2011年3月9日付けの報道によると、ウィキリークスが公開した、駐リビア米大使が09年春に作成したとする公電の中に、リビアの医師の話として、カダフィ氏の健康状態についての記述があった。

「カダフィ氏は極端に見栄っ張りな男」

   公電によると、その時期、カダフィ氏は健康に神経質になっており、複数の医師から診察を受けていたほか、長時間の昼寝をとっていた。

   カダフィが前立腺癌や喉頭癌を患っているという噂については「根拠がない」と否定。しかし、高血圧で、「糖尿病に近い状態の可能性がある」とする。

   そして、「カダフィ氏は極端に見えっ張りな男」だそうで、シワを取り除くためのボトックス注射を複数回受けていたとする。ルモンド紙は「顔の表情がこわばっているのはそのためだろう」と推測。また公電は、カダフィ氏は植毛手術も試みたが、拒絶反応が出たため失敗したとしている。

   ボトックス注射とは、ボツリヌス菌から作られた製剤を眉間や目尻、額などに打ち、表情を作る筋肉を麻痺させて動きを抑えることで、しわを目立たせなくさせる施術。比較的手軽に受けられる美容施術として広く認知されているが、表情が硬くなってしまうケースもあるという。

一種のプロパガンダ?

   確かに、2009年のカダフィ氏訪米時の演説やインタビュー動画などを見ると、表情がこわばっている。頬はほとんど動かず、動いているのは口元だけ。その口も少ししか開いていない。

   ただ、ボトックス注射の影響とは違うのでは、と見る専門家もいる。高須クリニックの高須克弥院長は「映像を見る限り、眉間にも目尻にもしわがありますので『ボトックス』を注射したようには見えないですね」と指摘する。

   さらに、

「無表情で口角が上がらないのは、年齢のせいもあるかもしれませんが、彼が激高している映像では口角もちゃんと上がっていますので、演説上のパフォーマンスかもしれません」

   無表情で話してから激昂することで、演説に迫力を持たせているのではないかと推測する。

   美容整形業界の関係者も「ボトックスはヒラリー米国務長官だってやってますよ。こういう形で情報が出てくることは『カダフィは美容整形なんてやっちゃう人間なんだよ』っていう一種のプロパガンダのような気もしますね」と話していた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中