東京電力ツイッター始める 1日経たずにフォロワー16万人

印刷

   東京電力は2011年3月17日夜、公式ツイッターアカウント「@OfficialTEPCO」からの情報配信をはじめた。停電や放射線に関する情報を提供していく予定だという。

   ツイッターではまず、「今日(17日)は電力需要がかなり多かったのですが、皆さまのご協力でなんとか乗り切ることができました。ありがとうございました」とお礼を述べたあと、計画停電実施についての告知とその詳細が書かれた東電のwebサイトへのリンク先が表示された。

   開始からから約16時間が経った、18日午後12時の時点で、ツイートは2回だけだったにもかかわらず、フォロワーは約16万人にのぼった。計画停電については、同一の地区が複数のグループにわけられ、グループわけもわかりにくく混乱もあったことなどから、情報を得たいと考えるユーザーが多かったようだ。18日13時過ぎには、計画停電の第3グループ実施がアナウンスされ、ツイッターらしい速報性も機能し始めている。

   ただし、東電の福島原発への対応に対しては批判も出ている中で、ネット上では「今やることか」「叩かれまくってまともに機能しないだろ」「この状況でツイッター始めるとかすごいな」などの声も出ている。

「首相官邸(災害情報)」「総務省消防庁」などのアカウントも

   ちなみに、そのほか災害関連の情報に役立つツイッターアカウントには、3月13日に立ち上げられ、首相や官房長官会見の告知と報告が随時更新されている「首相官邸(災害情報)」や、原発事故による放射線情報に詳しい「文部科学省MEXT」がある。内閣府行政刷新会議事務局のアカウント「国民の声」では、節電を呼びかけるツイートが続けられていた。また、被災地となった自治体のアカウントには「青森県庁」、「気仙沼市危機管理課」、「岩手県広聴広報課」、「千葉県浦安市」などがあり、被災者名簿や交通、避難場所などの情報が更新されている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中