高まるミネラルウォーター需要 山梨、群馬、長野でも売り切れ

印刷

   東京都の浄水場の水道水から乳児の暫定規制値を超える放射性物質が検出されたが、このあおりで2011年3月24日、都内では小売店からペットボトルの水が消える事態となった。関東のほか山梨や長野でも売り切れる店舗が出ている。

「8時半に開店して10時には全てなくなってしまいました。ちょっと怖いくらいですね」

福岡でも2リットルペットが売り切れ

   東京都千代田区にあるドラッグストアの店員はこう話す。この店では「お1人様2点まで」の制限を設けていたが、それでもすぐなくなってしまったという。

   東京都内では、スーパーはもちろんコンビニまでミネラルウォーターがなくなる小売店が続出した。自販機で販売している500ミリリットルのペットボトルまで売り切れている。

   こうした現象は東京以外でも発生。J-CASニュースが24日午後に調べたところ、東京同様、規制値以上の放射性物質が検出されたと発表された千葉、埼玉はもちろん、栃木、神奈川、群馬のほか、長野、山梨でもミネラルウォーターが売り切れるスーパーがあった。静岡や岐阜では、2リットルのものが売り切れる店舗があったほか、大阪でも購入制限を設ける店舗があった。福岡でも2リットルのものが売り切れたという店舗があり、もはや全国的にミネラルウォーターが買い求められているようだ。

東京都では24日に規制値を下回る

   イトーヨーカドーを運営するセブン&アイ・ホールディングスによると、23日の報道を受け、24日はミネラルウォーターをいつもより多く店舗に供給していた。しかし、それを上回る需要があったといい、25日以降については「調整中」だとしている。

   また、別の大手スーパーの担当者は「広範囲で地震被害があったことで、物流スケジュールに狂いが生じ、定期的に商品を入れることができていなかったのは事実。道路も復旧してやっと安定供給ができそうになってきたところで、今回のことがあった」と話している。

   インターネットでは、楽天でミネラルウォーターが軒並み売り切れ。ヤフーオークションにも出品されており、1リットルのものが12本で7000円にまで高騰している。

   東京都は24日、同日午前6時に採取した葛飾区・金町浄水場の水道水で、放射性ヨウ素が1キログラム当たり79ベクレルと、乳児の規制値を下回ったと発表した。ただ、ネットでは、「また雨が降ったら高くなるんだろ」という声もあり、ミネラルウォーターを求める人はまだ多そうだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中