避難生活が続くこども達のために 学研グループ各社が電子書籍『保育おたすけハンドブック いつでもどこでも編』を無料配信・配布

印刷

   学研ホールディングス及びそのグループ各社である学研教育出版、学研マーケティング、学研教育みらいは、東日本大震災で避難所生活を余儀なくされているこどもたちと家族の心のケアになればとの思いから、保育者向け書籍『保育おたすけハンドブック』より、特別な道具を使わずに楽しめる遊びを紹介した部分を抜粋、「いつでもどこでも編」として、同社が運営するiPhone&iPad向け電子書店アプリ「学研電子ストア」内で無料公開した。

   また、被災地にボランティア等の活動で入る人たちに向けて、同電子書籍のPDF版を同社ホームページからダウンロードできるよう公開した。

   『保育おたすけハンドブック いつでもどこでも編』は、特別な道具なしに大人とこども達で、また、こども達だけでもできる遊びを厳選。手遊びやクイズ&ゲームなどの遊びを18点収録している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中