被災者の口座開設 本人確認を簡素化

印刷

   政府は、東北関東大震災の被災者が銀行などの預金口座を開設しやすくするため、本人確認の手続きを簡素化するよう措置した。被災者の中には運転免許証や健康保険証などの本人確認に必要な書類をすべて失った人が少なくなく、たとえば遠方の親戚などから生活資金の送金を受ける銀行口座を開設したくても開設できないケースがあった。

   そのため、犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則を改定し、当分の間は申告による本人確認での口座開設を認め、本人確認書類が整った段階で正規の本人確認を行うことにした。2011年3月25日に施行した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中