首都圏テーマパーク「時短」で営業再開 ジェットコースターなど節電で停止

印刷

   東北関東大震災の影響で営業を休止していた首都圏のテーマパークが、営業を再開し始めた。東京電力の計画停電の影響や政府の節電の呼びかけもあって営業時間は短縮、ジェットコースターなどの大型アトラクションの停止や夜間営業を取りやめたりしながらも、春休みの子どもたちに「楽しみ」を提供している。

   一方、震災で液状化現象が発生している東京ディズニーランドや、2011年3月19日の営業再開を目指していた栃木県の日光江戸村は現在も休園中。群馬県の表万座スノーパークは今シーズンの営業を打ち切った。

「こんなときだからこそ笑顔を与えたい」

   震災がなければ春休みの子どもたちでにぎわっていたはずの首都圏のテーマパークが、営業時間の短縮やアトラクションの運転を制限しながらも営業再開に踏み切っている。

   東京・多摩市にあるサンリオピューロランドは3月25日から営業を再開。31日までは毎日営業する(4月の営業スケジュールは検討中)。営業時間は9時から17時まで。節電に協力して夜間営業を取りやめ、照明や暖房を落としての営業だ。

   営業に踏み切ったことについて、運営するサンリオエンターテイメントは「本来の、来園するすべての皆さまに笑顔を与えたいという目的を果たすことが、わたしたちが今できること」と話す。

   埼玉県所沢市の西武園ゆうえんちも17時までの「時短営業」。入園料の一部を震災の義捐金に充てるという。「ハローキティ メルヘンタウン」や「仮面ライダーオーズショー」などのイベントは開くが、節電のため大型アトラクションの運転は中止している。

   よこはまコスモワールドは、シンボルの大観覧車「コスモクロック21」のライトアップを中止。営業時間は10時から18時までとした。3月22日から再開した横浜・八景島シーパラダイスは17時までの営業だが、アトラクションは「アクアライド」を除いてすべて運転している。

   東武ワールドスクエアや東武動物公園は3月26日から4月6日まで、小学生以下の入園料を無料にして集客力を高めている。

TDLや上野動物園、多摩動物公園など休園中

   一方、千葉県浦安市の東京ディズニーランドは震災の影響で休園中で、再開は未定だ。3月22日にパンダが公開される予定だった東京の上野動物園や、多摩動物公園、葛西臨海水族園なども17日から休園したまま。当初、19日に再開予定だった日光江戸村(栃木県日光市)も「社会情勢を考慮して」、日程を延期している。

   春休みはスキーやスノーボードと、ウインタースポーツを楽しむ最後のチャンスだったが、群馬県の表万座スノーパークでは3月24日に今シーズンの営業終了を発表した。ゲレンデのリフトの安全点検や建物を点検し、とくに被害はなかったが、電力やガソリンなどの安定供給への懸念や余震が続いていることから決断した。

   営業を開始したテーマパークも運営は楽ではない。ある遊園地は「節電やガソリン不足などの影響で来園者は少ないが、半面、子どもたちが春休みということもあって『開けてほしい』との声もあった」と状況を説明。こうした要望に応えて開園したのだが、4月以降の営業も「しばらくは制限せざるを得ない」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中